BASS FIELD REPORT

BASS FIELD REPORT > ザストロングパワーベイト > ザ ストロングパワーベイト「Vol.80」レポート「冬のスパインリグ編」

ザ ストロングパワーベイト「Vol.80」レポート「冬のスパインリグ編」

今回の模様は、2014年1月9日(第二木曜日)配信予定の
「THE STRONG POWER BAIT」Vol.80 です。



今回のザ ストロングパワーベイトは
冬のリザーバーで”りんかちゃん”が考えた「スパインリグ」が効くのかを
“りんかちゃん”と試してきました。


今回は、発売されたばかりのスパインリグ専用のフック「スパインフック」を使っての釣行だったので、フックの性能(ズレなさとフッキング率)も是非見てもらいたいと思います。

基本的に「スパインリグ」が釣れる理由は、フォール時の”スパイラルフォール”と、”イレギュラーなダート”だと思います。昔からバス釣りをされている方は御存じだと思うのですが、フォール時の”スパイラルフォール”(らせん状に回転しながら落ちる)は昔”チューブワーム”で一世を風靡した”激釣れのメソッド”でした。

今はその”チューブワーム”が過去のルアーとなってしまったため”スパイラルフォール”をするルアーがないので”スパイラルフォール”と言う言葉を知らない方も多いようですが、”スパイラルフォール”がサスペンドバスに効くと言うのは私達のように昔からバス釣りをやっているものには周知の事実でした。

tspb80_01

また”スパイラルフォールするルアーがない”と言うことは、”今のバスも見たことがない”と言うことなので、「ファーストインパクト」で釣れるのですが、この日も、岸に向かってキャストをした後のフォール中のバイトが多く、フォール中のバイトを獲れるかどうかがキャッチ数に比例する感じでした。

午前中りんかちゃんはコツがつかめなかったようで苦戦していましたが、昼からはコツをつかんだようでグッドサイズを連発してくれました。

また、フォール中にアタリがなければ着底後、ロッドを立てて小さく2回ぐらいトウィッチして”ダート”で喰わせる感じで誘うのですが、このボトム付近での”イレギュラーダート”も珍しいアクション(ボトム付近でダートするワームはない)なので「ファーストインパクト」と同じ理由で口を使うバスが多い気がします。
つまり、「スパイラルフォール」と「イレギュラーダート」がバスにとって初めて見るルアーなので、「ファーストインパクト」と言う理由で”爆釣”することが多いのだと思います。


tspb80_02

tspb80_03

tspb80_04

今回も
冬のリザーバーで、20匹以上の爆釣!
「スパインリグ」のポテンシャルが分かる内容なので、是非観て欲しいと思います。


関連商品