BASS FIELD REPORT

BASS FIELD REPORT > 2012 > 1月

2012年1月

ザ ストロングパワーベイト「Vol.56」レポート「初心者の方でも使いやすく、使い続けられるハードベイト編」

tspb56_01


今回のザ ストロングパワーベイトは、「初心者の方でも使いやすく、使い続けられるハードベイト」として作った”ベストルアーシリーズ”を持って楠本くんと旧吉野川に行って来ました。 前回のVol.55では”ベストバイブレーション”の”ぶっ飛びぶり”と”釣れっぷり”は見て頂いたと思うので、今回は”ベストクランク”と”ベストスピナーベイト”をメインに旧吉野川を攻略しました。

“ベストクランク”の特徴ですが、このクランクベイトは5.5cmのボディーを出来るだけファットにし、ウエイトを一点集中化したことで、バルサクランク並みの”高浮力”を実現しました。また”高浮力”+”薄型のスクエアリップ”なので、アクションの立ち上がりもよく、スローリトリーブからファーストリトリーブまでしっかりとした”ウォブルアクション”をします。

初心者の方でも手元まで、しつかりとアクションが伝わるぐらいキビキビと動いているので、障害物をかわし、なめるようにトレースすることが簡単に出来ると思います。

“ベストスピナーベイト”の特徴ですが、このスピナーベイトはブレードの片側に”6つの小さな穴”を空けています。”穴”を設けた事で左右のバランスが微妙に崩れ、”イレギュラーなバイブレーションとフラッシング”を生みだします。

ヘッドは”すり抜け&スナッグレス効果”の高い”バレット型ヘッド”を採用しているので、障害物にコンタクトさせて狙う事も出来ます。

またスカートは私の好きな「ウォーイーグル」(アメリカのスピナーベイト)と同じ”段カットタイイング”をしているので、ワームなどのトレーラーを必要としません。(ワームキーパーは付けています。)

どちらのルアーも最も汎用性の高いベーシックなルアーに仕上げているので、ただ信じて投げてもらうだけで、きっと魚が応えてくれると思います。

tspb56_03

この日も、楠本くんと難しい事は考えずにルアーのポテンシャルを信じてただ投げまくったのですが良く釣れたので、是非チェックして欲しいと思います。

tspb56_02

今回の模様は1月12日(第二木曜日)の「ザ ストロングパワーベイトVol.56」です。お楽しみに!

ベストクランク:タックル

 

■ROD ヴォルキー VKC66-MH
(メジャークラフト)
■REEL パトリアークXT71LP(フルーガ―)
■LINE D-アーム 14lb(よつあみ)
■LURE ベストクランク・プロト
(フィッシュアロー)

 

ベストスピナーベイト:タックル

 

■ROD ヴォルキー VKC66-MH
(メジャークラフト)
■REEL パトリアークXT71LP(フルーガー)
■LINE

D-アーム 14lb(よつあみ)

■LURE ベストスピナーベイト・プロト(フィッシュアロー)