BASS FIELD REPORT

BASS FIELD REPORT > 2012 > 2月

2012年2月

ザ ストロングパワーベイト「Vol.57」レポート「ベストシャッド編」

tspb57_01

今回のザ ストロングパワーベイトは2011年のFLWツアー・オープン
AOY(アングラー オブ ザ イヤー)を獲った深江プロと12月4日に七色ダムに行って来ました。

春の七色ダムはビッグバスを狙って獲れるフィールドなので大好きですが、夏以降の七色ダムは子バスは釣れるのですが、40UPを釣るのはかなり厳しいフィールドだと言えます。

特に昨年の七色ダムは夏の大雨で湖全体が濁ってしまい、
12月に入っても濁りが取れない状況だったので、ライトリグが効かない状態でした。


そんな中、
4月発売予定の”ベストシャッド”で「58.5cm」のビッグバスを
深江プロが釣ってくれました。
深江プロは”ベストシャッド”を使うのがこの日、初めてだったのですがアクションを見て、「このシャッドは釣れるわ」と一言目に言ってくれました。

この”ベストシャッド”はボディーをフラットサイド気味に広くデザインしているので、トゥィッチ時の明滅効果がしっかりとします。

またリップをかなり「薄く」しているので、キビキビとしたアクションがロッドテップに伝わりやすいと言った特長の「シャッドプラグ」です。
tspb57_02 

キビキビしたアクションなので、初心者の方でもポンプリトリーブ時の「止める」動作がやりやすいと言ったメリットがあります。

この日は「スロープ60さん」を出てすぐに子バスをキャッチ。
その後、この時期としては一獲千金の「58.5cm」のビッグバスを深江プロが”ベストシャッド”でキャッチ。

この時は水温が12℃くらいあったので、”ただ巻き”をメインにしたのですが、
2人で10匹ぐらい釣れました。「ベストルアーシリーズ」は難しい事は考えずにただルアーのポテンシャルを信じて投げてもらえれば、きっと応えてくれるそんなベーシックなハードプラグだと私は思っています。

(ベストシャッドの発売予定は4月予定です。)

tspb57_03

深江プロのテクニック満載の「ザ ストロングパワーベイト Vol.57」は、
2月9日(第二木曜日)配信予定なので、是非チェックして下さい。

ベストシャッド:松本タックル

 

■ROD ヴォルキー VKC-68L/BFS
(メジャークラフト)
■REEL パトリアークXT71LP(フルーガ―)
■LINE D-アーム 8lb(よつあみ)
■LURE フラッシュJシャッド4″&5″
(フィッシュアロー)

 

ベストシャッド:深江タックル

 

■ROD F3・1/2 68xti (メガバス)
■REEL メタニウムMg DC (シマノ)
■LINE D-アーム 12lb~14lb(よつあみ)
■LURE フラッシュJシャッド4″&5″
(フィッシュアロー)