BASS FIELD REPORT

BASS FIELD REPORT > 2012 > 7月

2012年7月

ザ ストロングパワーベイト「Vol.62」レポート「池原ダムと風屋ダム」の二本立て!

tspb62_01

今回のザ ストロングパワーベイトは「池原ダムと風屋ダム」の二本立て!

池原ダム編は減水が急激に進む状況で(前日2日間で5メートル減水)厳しいだろうと思ってスタートすると、
朝イチから”ベストポッパー”で連発。
この”ベストポッパー”は、ラインの結ぶ位置によって”空気をはらんだ大きな捕食音”と”ネチネチと首を振るドッグウォークアクション”を狙って出すことが出来る「ベイトフィッシュパターン」にも「虫パターン」にも使うことが出来る便利なポッパーです。

基本的にはナイロンライン直結で使うのですが、アイの「真ん中」にラインを結ぶと”空気をはらんだ大きな捕食音”(ベイトフィッシュパターン)、またアイの「上側」にラインを結ぶと”ネチネチと首を振るドッグウォークアクション”(虫パターン)をします。

(どちらもこれからの時期のメインパターンになる使い方なので、是非試してみてください。)
しかし、日が昇ってからはシャローからバスが消えて行く状況で、かなり苦戦しましたが、是非見て下さい。
風屋ダム編では、”ベストポッパー”と”ダブルJ”が大活躍。この日も、”ベストポッパー”からスタートしたのですが、”空気をはらんだ大きな捕食音”でアピールしながら広くチェック。

この日はアクション後の「ストップ」がキーだったみたいで、止めている時にバイトが集中しました。(少し深い水深にサスペンドしている為)
池原ダム、風屋ダムの釣りを通じて是非見て欲しいのが”ベストポッパー”の「フッキングの良さ」です。

「フッキングが良い」ように、”浮き姿勢”や”吸い込みやすい大きさ”、そして”フェザーの長さ”などにもこだわって作ってあるので、これほどまでにバイトしたバスがフッキングまで持ち込めるのだと思います。
本当に良い「ベストなポッパー」なので一度使ってみて下さい。
tspb62_07

昼からは気圧も下がり、魚が浮いてきていると思ったので、”禁断のダブルJ”を投入。
“ダブルJ”とは、アメリカで流行りのZOOMのフルークを2匹使った
“ダブルフルーク”や”ドンキーリグ”と言った感じのリグで、”フラッシュJを2匹”使った
ノーシンカー・トゥイッチのことです。


tspb62_06

フラッシュJのノーシンカー・トゥイッチ(ザ ストロングパワーベイト VOl.39)は以前からやっているのですが、2匹にすることで”フラッシング”や”アピール力”がアップするのでバイト率が大幅にアップします。(まるで2匹のベイトフィッシュが何かに追われて逃げる感じです。)

アラバマリグと同じで、”ダブルJ”がハマった時の爆発力は凄く、ヤル気の無いバスが狂ったようにバイトしてくることがあります。(1匹のベイトフィッシュよりも複数匹の方が自然界では”自然”だからヤル気のないバスまでもスイッチが入るのだと思います。)

この日も昼から面白い様にバイト(本気喰い)があったので、
是非チェックしてみて下さい。

tspb62_02

今回の模様は、
2012年7月12日(第二木曜日)配信予定の
「THE STRONG POWER BAIT」Vol.62 です。
お楽しみに!!

ベストポッパー:タックル

 

■ROD ブラックレーベル661MRB(ダイワ)
■REEL T-3 1016H(ダイワ)
■LINE ナイロンライン12Lbプロト(よつあみ)
■LURE ベストポッパー(フィッシュアロー)

 

ダブルJ:タックル

 

■ROD スティーズ651 LFSスカイボルト
(ダイワ)
■REEL NEWカルディア 2506(ダイワ)
■LINE D-アーム 4lb(よつあみ)
■LURE フラッシュJ 3″わかさぎ
(フィッシュアロー)
■フック

オフセット#1/0

■三つ叉
サルカン
スーパートリプル 10号(ハリミツ)