BASS FIELD REPORT

BASS FIELD REPORT > 2012 > 11月

2012年11月

ザ ストロングパワーベイト「Vol.66」レポート「野池・DKチャター・ウィードレス編」

今回の模様は、2012年11月8日(第二木曜日)配信予定の
「THE STRONG POWER BAIT」Vol.66 です。



今回のザ ストロングパワーベイトは、広島県福山市にある「プロショップ・スマイル」の門田くんと
野池のオカッパリに行って来ました。

この日は、秋の野池と言うことで広範囲にバスが散っていると思い、11月先行販売予定の”DKチャター・ウィードレス”をメインに野池を攻略しました。

このDKチャター・ウィードレスはフックがオフセットフック(デコイ:キロフック5/0使用)になっているので、障害物回避能力が高いので、根がかりを気にせずに使うことが出来る、”ありそうで、無かった”新しいタイプのチャターベイト系になります。

普通のチャターベイト系はフックがむき出しになっているので、意外にも根がかりが多いのですが、(立木や杭などは根がかりします。)DKチャター・ウィードレスはフックがワームでガードされるかたちになるので、ウィードレス効果が高くオカッパリ向けのルアーだと言えます。


tspb66_01

この日も対岸に一度のせてから落とす”バンクキャスト”や一度ボトムを取ってからの”リフト&フォール”など、普通のチャターベイト系ルアーでは根がかりが怖くて出来ないテクニックでグッドサイズを連発してくれました。

そして、この手のウィードレスタイプのルアーで心配なのがフッキングなのですが、チャターベイト系のようにハイピッチにアクションするルアーにはバスも激しくバイトする事が多いので思っている以上にフッキングが良いのには私自信驚きでした。(フッキング率は良いです。)

また、フッキング後はウィードレス・チャターのほうがフックとヘッドがジョイントされているのでバレにくいと言った特徴もあります。

根がかりを気にしなくても良い”DKチャター・ウィードレス”はオカッパリアングラーのフェイバリットルアーになる事間、違いなしです。

DKチャター・ウィードレス :
タックル(門田くん)

 

■ROD ゴーエモーションGEC69MH
(メジャークラフト)
■REEL T-3 1016H-TW(ダイワ)
■LINE フロロ 16Lb
■LURE DKチャター・ウィードレス 10g
(フィッシュアロー)
トレーラー:シャッドテール4インチ

 

tspb66_02