BASS FIELD REPORT

BASS FIELD REPORT > 2014 > 12月

2014年12月

ザ ストロングパワーベイト「Vol.91」レポート「エアバッググラブ編&ソルトウォーター・ダート釣法編」の2本立て!

今回の模様は、2014年12月11日(第二木曜日)配信予定の
「THE STRONG POWER BAIT」Vol.91 です。

今回のザ ストロングパワーベイトは
来春発売予定の”ブーム間違いなし”の「エアバッググラブ」を使っての表層ゲーム編と来春発売予定の新しくなる「フラッシュJ SW」を使っての”ダート釣法“でのソルトウォーターフィッシング編の2本立て。

tspb91_01


ブーム間違いなしの”エアバッググラブ”は、ボディが中空になっているので、水面を引き波立てながらアピールする”グラビンバズ”が”誰でも簡単にスローに引く”ことが出来る”今までに無かった新しいグラブ”だと言えます。

また“止めると浮く”ので、障害物の横で止めたり、ウィードのポケットで止めたりして「喰う間」を与えてやることが出来ます。(現代のスレきったバスには、この”間”が非常に大事です。)
その上、止めた状態からの”ジャーク”(トゥイッチ)は、ベイトフィッシュが尻尾で水を弾いたような”空気をはらんだスプラッシュ”でバスにアピールします。

tspb91_02

この”空気をはらんだスプラッシュ”は今までのルアーには出せない何かがあるようで、11月末のロケにも関わらず激しく水面を炸裂させてくれました。


特に春から夏にかけてのシャローエリアでは”ヤバいルアー”になることは間違いないので発売を楽しみにしていて欲しい来年イチオシのルアーです。

そして、ソルトウォーター編では楠本くんが”フラッシュJ SW”を使って「ダート釣法」でシーバスやキビレ、メッキなどを釣ってくれています。
ダートジグヘッドと組み合わせることで、フラッシュJの持つアルミホイルのフラッシングがフィッシュイーターにスイッチを入れることが出来ます。
tspb91_03

この時期のやる気のないシーバスには特にダート釣法は効果的で、フラッシュJの独占場になるぐらいフラッシングが効くようです。またフラッシュJ SWはフォーミュラー入りなので、キビレやメッキと言った魚種にも効くようになりました。

tspb91_04

tspb91_05

エアバッググラブ:タックル

 

 

フラッシュJSW(ダート釣法):タックル

 

■JIGHEAD

ドリフトアックス 4g(カルティバ)

■ROD オロチX4 F3-610X4S(メガバス)
■REEL セルテート フィネスカスタム2004(ダイワ)
■LINE G-soul アップグレードPE X8
#0.8号(YGKよつあみ)

+リーダー
ガリスショアリーダーFC 20lb
(YGKよつあみ)
■LURE フラッシュJ3インチSW (フィッシュアロー)