BASS FIELD REPORT

BASS FIELD REPORT > 2016 > 6月

2016年6月

ザ ストロングパワーベイトVol.109
「フラッシュJクロー編」

今回の模様は、2016年6月9日配信の
「THE STRONG POWER BAIT」Vol.109です。

本編動画を視聴

今回のザ ストロングパワーベイトは、
爪にアルミホイルが内蔵された話題のクローワーム、フラッシュ Jクロー3.5″と話題のゼンマイルアーのモーターシャッドを使ったビッグバスハンティング

1つ目は、爪にアルミホイルが内蔵されたフラッシュ Jクロー3.5″を使った川バス攻略。爪にアルミホイルが内蔵されているので、濁った水でもフラッシングでバスにアピールする今までに無いタイプのクローワームになります。

P5100594

特徴的な大き目の爪は、濁った水の中でもフォール時にパタパタと強波動を起こしアピール、またアルミホイルの明滅フラッシングでリアクションバイトを誘発させます。また逆刺しにすることで、明滅フラッシングが濁った水でもルアーの位置を確認しやすいので、アングラーにも何処にルアーがあるのかが分かりやすいと言ったメリットがあります。

この日はジカリグ 1/2ozをカバーにピッチングしていたのですが、フォール直後かアクションを加えた直後の明滅フラッシングが起きた時にバイトが集中しました。

またフラッシュ Jクローのワーム素材は針持ちがよいので、カバーに入れても腕が取れたりしないのでカバー打ちにも適したクローワームだと言えます。また最後の魚は、明滅フラッシングでルアーの位置がしっかりと分かっていたからこそフッキングに持ち込めた魚だと言えます。この日もビッグバスが連発の楽しいロケだったので是非チェックしてください。

2本目は、話題のゼンマイルアーのモーターシャッドを使ってリザーバーを攻略。水面を1点で動き続けるゼンマイルアーならではの微波動アクションは、やる気のないバスやスレたビッグバスに口を使わせることが出来るある意味ロッドアクションでは出せない究極のルアーです。

DSC_0029

水面に微波動の波紋を作り誘うこの手のルアーは風に弱いと言った弱点があります。この日は、風が強くモーターシャッド日和では無かったのですが頑張って投げきりました。

バイトは少ないながらも何とか54cmのビッグバスが釣れ一安心。モーターシャッドにオススメのタックルや使い方など詳しく説明しているので是非参考にしてください。

今回の模様は、6月9日配信のザ ストロングパワーベイトVol.109で配信予定です。


タックルデータ

フラッシュJクロー3.5″ タックル

ロッド スティーズ STZ-701MHFB-SV (ダイワ)
リール ジリオン SV TW1016SV-SH(ダイワ)
ライン ナスリー ドレッドライン フロロ 16lb(YGKよつあみ)
ルアー フラッシュJクロー3.5″ 〈プロト〉(フィッシュアロー)
リグ ジカリグ 14g(カルティバ)

モーターシャッド タックル

ロッド ブラックレーベル BL-681MHFB-SV (ダイワ)
リール ジリオン TW1516SH(ダイワ)
ライン バルゴス WX-8 5号(YGKよつあみ)
ルアー モーターシャッド(フィッシュアロー)

関連商品

2016年6月

スリーショット65&80でのサツキマス釣果

フィッシュアローテスターの幸田氏よりスリーショット65&80でのサツキマス釣果レポートです。

絶賛発売中のスリーショット。
本来はバス用で発売してますが僕はバスではなくサツキマス(ノボリ)釣行で主に使用しています。

repo1

サツキマスとはアマゴが海に下って産卵の為にまた川を上るので僕の住む地域ではノボリと言われてます。そのサツキマスの個体も少なくとても難しい魚の一つですし2年通って釣れない人もいると言うくらい貴重な魚で熊野川を代表する魚です。

repo2

またサツキマスの最大は60センチ前後だそうですがめったに釣れません(笑)40センチ台も熊野川全体で年に数本で平均サイズは30センチから40センチ未満が多いです。

僕も今年から本格的に狙いだし解禁になって1ヶ月ですが
スリーショットのみで8本のサツキマスを手にしてますし僕以外の周りの人達もスリーショットで好釣果を頂いてます。

repo3

基本的にベイトが居てそうな流れのヨレや淵をメインに狙います。このミノーは激流の中でもただ巻き等でしっかり泳いでくれるしフラッシング効果もあるので初心者の方にも使いこなせると思います。

後はその時の状況に応じてアクションを加えたりしてもいいと思います。最初はバス用のフックが付いていますが僕の場合は刺さりを良くする為に少し細軸のフックに交換しています。サツキマスのシーズンは9月いっぱいまででこれからが本番です。

repo4

今年は後何本のサツキマスに出会えるか楽しみです。引き続きスリーショットでさらなるサイズを狙って行きたいと思います。

 


タックルデータ

ロッド ブラックスター2nd ジェネレーション S78(ゼスタ)
リール ルビアス2004H(ダイワ)
ライン エギメタル 0.4号(YGK よつあみ)
リーダー GP-Z 1.2号(YGK よつあみ)
ルアー スリーショット65SP、スリーショット80SP(フィッシュアロー)

関連商品