フィッシュアロー公式ブログ

もう一つの便利グッズ。

大反響のワームが硬くならない補修剤の「フィックス ア ルアー」。 そして、もう一つの便利グッズがワームに塗るバイトマーカーの「Worm’N’Chunk Paint」(ワーム チャンク ペイント)。 S字系やI字系などのビッグベイトプラグには、バイトマーカーシールと言うプラグを見やすくする蛍光シールが各社から売られていますが、ワーム用のバイトマーカーは、この「ワーム チャンクペイント」ぐらいしか無いと思います。 ワームは、比較的ナチュラルなカラーが多いので、水に溶け込む感じで見えにくいので、バイトマーカーペイントを塗るだけで世界が変わります! また、このペイントはワームに塗っても硬くならないので、アクションを損ねたり、フッキングの邪魔をすることがありません。 カラーは、見やすいチャートとオレンジ。 チャートは、バスが興味を示すカラーでもあるので、バイトマーカーとして使う意外にテールに塗ってアピール力をアップさせて使うのもオススメです。 関東の霞水系では、スイムジグのトレーラーのシャッドテールワームのテール部分にワーム チャンク ペイントを塗るのが一部で流行っていたりします。 またオレンジは、オーバーハングなどの日陰の中でも見えやすいので、虫系などにオススメです。(日陰では、イエローよりも良く見えます。) また水深が深い所でも見やすいと言った傾向もあります。 私は、ダムでの釣りが多いので、オレンジ派です。 ワームの位置が分かるだけで釣れるバスは間違いなく増えるので、虫系ワームやシャッドテールワーム、そしてスイムベイトにと使ってみて欲しいと思います。