フィッシュアロー公式ブログ

フィッシュアロー公式ブログ

ザ ストロングパワーベイトVol.121 ソルト編

121b

ザ ストロングパワーベイト Vol.121、ソルト編が配信です。
今回は、みっぴとソルト師匠の植田くんとタイラバにワームでバンバン鯛を釣っています。
「みっぴ劇場」是非ご覧下さい。


青物の最終兵器の可能性 パートII。

青物の最終兵器になる可能性があるフラッシュ JシリーズとビビッドクルーズSW!

ジグやプラスチックなどのハードマテリアルのルアーとは違うソフトマテリアルならではの水噛みとアクションは、本物の魚に近くスレた青物も思わず口を使ってしまうと思います。

これは、バスの世界では当たり前ですが、プラグやメタルジグのようなハードマテリアルのルアーよりもソフトマテリアルのワームやスイムベイトが一般的に釣れるので想像しやすいと思います。

もちろんハードマテリアルの方がアピール力が大きく良い時もあるのですが、スレた魚には、ソフトマテリアルの方が効くことが多いのも事実だと思います。

しかし、今まで青物釣りでワームやスイムベイトなどがあまり使われていないのは、ソフトマテリアルのルアーを使うにあたっての欠点でもある飛距離が出ないのと耐久性の弱さ、そして何よりリグが確立されていないからだと思います。

リグが確立がされれば間違い無く、今まで釣っていなかったフレッシュな青物を釣ることが出来ると思います。

リグの確立が私達の課題ですが、まず最初に試してみて欲しいのが、ビビッドクルーズSWのボイル打ち&誘い出し!

飛距離の問題は、スイムベイトシンカーを付けることである程度クリア出来ると思います。

前に楠本くんと青物を狙いに行った時、青物用のペンシルベイトと変わらないぐらい飛ばしていました。

また、耐久性もビビッドクルーズSWのワイヤーは、貫通ワイヤーでロウ付けもしているのでバイトした魚は、しっかりと取り込めると思います。

もちろん、ボディはソフトマテリアルなので、ボロボロになることもあると思うのですが・・・

どんな釣りでもそうなのですが、可能性を感じてトライ&エラー、これが釣りの醍醐味だと思います。

青物にフラッシュ Jシリーズ、ビビッドクルーズSW、が効くのは間違い無いと思うので、トライしてみて下さい。

IMG_0835


ビビッドクルーズ SW でブリ。

image4
石井さんがビビッドクルーズ SWでブリを! ワームやスイムベイトベイトのキャスティングが青物の最終兵器になる日も近いかも!
019_vividcruise_sw_1

ビビッドクルーズ115 トーナメントモデルで連発。

 image1 image4image3

 

昨日、栗真くんはザ ストロングパワーベイトロケで野池に!
先日発売されたばかりのビビッドクルーズ115トーナメントモデル(Fecoモデル)で連発したみたいです。

115と言うサイズは小さいので、シャッドテールワームで良いのでは?と思われる方もいると思うのですがシャッドテールワームとビビッドクルーズの違いは、魚を引っ張り出すパワーとフッキング率の違いでもあります。

ヘッドシェイクアクションと重量によるトルクのある水押しアクションは、シャッドテールワームでは出ません。

またフックむき出しによるフッキングの良さは、マグネットシステムならではなので、ビビッドクルーズ115トーナメントモデル、使ってみて下さい。


「みっぴとワームで鯛ラバ」動画。

image1

“みっぴ”と行った玄界灘のタイラバ動画です。
タイラバフックにワーム チョン掛けスタイルで鯛をバンバン釣っています。
是非ご覧下さい。


マッチ ザ ベイトで爆釣!

フラッシング鯛ラバは、マッチ ザ ベイト(喰っているエサ)を意識したルアー感覚のタイラバです。 今日もボトム付近の甲殻類を喰っている鯛には、フラッシュ Jクロ SWーを! 昼から中層のベイトフィッシュを喰っている鯛にフラッシュ Jカーリー2″SWが大アタリ! やはりマッチ ザ ベイトを意識すると鯛は、いっぱい釣れます。 タイラバは、ダイワのロッド、リール、ヘッド、がオススメです。

甲殻類パターン。

今日もフラッシング鯛ラバで爆釣! フラッシュ Jクローの甲殻類パターンなので、ボトム付近でバイトが集中。 やはりマッチ ザ ベイトが大事です。

ザ ヒットロケ。

黒岩フィッシングサービスさんでアイサちゃんとダイワの植田くんとザ ヒットロケ。 頑張っています。

懇親会。

松山の黒岩フィッシングサービスの井上船長と宮内さんとダイワの植田くんと懇親会。 明日は、ザ ヒットロケなので頑張ります。

陸っぱりで指5本のドラゴンタチウオ。

昨日、丸山さん夫婦が和歌山の陸っぱりで指5本のドラゴンタチウオを!(110cm) ルアーは、フラッシュヘッド18gにフラッシュ J シャ4″SWルミノーバ シリーズです。 タチウオの本格的なシーズンは、7月末頃からですが、今でも和歌山や淡路島では、陸っぱりからタチウオが釣れているようです。