フィッシュアロー公式ブログ

フィッシュアロー公式ブログ

ツネミさんの懇親会。

今日は、ツネミさんの懇親会。 ツネミさんの社員さんからの情報や各メーカーさんからの情報など関東の事について色々と教えて頂いています。 明日は、ツネミさんの売り出しなので、頑張ります。

フラッシュJフラット3.5SWインプレッション

2017032801 2017032803 2017032802

北海道テスターの渡辺さんが間もなく発売のカニ型ワームのフラッシュ Jフラット3.5″SW でクロソイを釣りまくってくれています。

詳しくフラッシュ Jフラット3.5″SWをインプレッションしてくれているので、是非チェックして下さい。


また、カニ型のフラッシュ Jフラットは、ファットボディなので少し大きく(ボリュームがある)感じる方もいるようですが小さいなロックフィッシュでも平気で口の中に入ります。(本当に釣れるワームは、丸飲みしてくれます!)
確率良く40アップを釣るためには、このボディシルエット&水押しが必要なのでこのサイズ感になりました。
今年のロックフィッシュ釣りには、フラッシュ Jフラット3.5″SWをお忘れなく。

詳しくは「さくま青果の釣り日誌」をご覧ください。

http://ameblo.jp/ga0a0p/entry-12257740908.html


「釣り河北」日本海庄内沖のルアーマダイ!鯛ラバ&ジグで狙う春真鯛

030101 031205

釣り河北釣行記に縮彰氏のフラッシュJシリーズ、リングフラッシャーを

使用した鯛ラバとメタルジグの使い分け方がアップされています。

是非一度ご覧ください。

「釣り河北」日本海庄内沖のルアーマダイ!鯛ラバ&ジグで狙う春真鯛


田辺のルアー船ジャンボさんからの報告。

 

received_281004182322887 received_281004202322885 received_281004218989550received_281004165656222

received_281004232322882

田辺のルアー船 ジャンボさんでもディープタイラバが好調とのことです。
特にフラッシュ Jをチョン掛けしたフラッシング鯛ラバが良いとのことです。
田辺も本格的に鯛ラバシーズンに入った感じなので、
今年タイラバを始めようと思っている方はそろそろチャレンジしてみて下さい。


革命的なワインドタチフック。

DSC_5778 DSC_5837 DSC_5839

 

フラッシュ J専用のフラッシュヘッドにベストマッチな革命的フックの「ワインドタチフック」!
タチウオワインドで一番最初にしなければいけないのがアシストフックの取り付けとフックが
真っ直ぐにセットされているかの”真っ直ぐセッティング”のチェック。

(真っ直ぐセッティングが出来ていなければ、片寄ってダートするため本来のワインド効果が発揮されません。)
チェックするためには、チョイ投げして早巻きで真っ直ぐにルアーが戻って来るのかを目視でチェックしなければいけません。

意外と夜にチェックするのは難しく、良く釣る方は明るい内にセッティングして夜に備えたりします。
このアシストフックの取り付けと真っ直ぐセッティングのチェックを不要にしたのが、”ワインドタチフック”になります。
アルミホイルをまたぐ様にツインキーパーをセットするだけで、誰でも簡単に真っ直ぐセッティングが出来ます。
そのうえ、フックをボディに刺すよりもツインキーパーの方が耐久性もアップするのでとても経済的です。

タチウオシーズンに間に合う様に7月発売予定で、3本入りで600円(税別)です。
今年のタチウオワインドは、ルミノーバシリーズとワインドタチフックで爆釣間違いなしです。
タチウオシーズンを楽しみにしていて下さい。


今年は、ブルールミノーバで決まりです!

DSC_5776 DSC_5834

 

昨年、タチウオ釣りで革命を起こしたルミノーバシリーズ。
圧倒的な明るさでタチウオが釣れると瞬く間にブームに。
特に売れたのが、ルミノーバグローと言うグリーンに光るルミノーバなのですが、
今年は、グリーンルミノーバにも負けない明るさのブルールに光るブルーミノーバが発売されます。
7月発売予定なので、楽しみにしていて下さい。


究極のハードプラグ!

メバルで密かに流行っているハドルミノーハード。 究極のテールでもあるハドルテールがスローリトリーブからファーストリトリーブでもバランスを崩すことなく、しっかりとアクションします。 このアクションもボディは、振らずにテールだけが左右に動く魚本来のナチュラルなアクションなので、ハドルミノーハードは、究極のハードプラグとも言えます。 昨夜は、幸田くんがハドルミノーハード65 SWでアジを釣っています。 究極のナチュラルアクションのハドルミノーハードだからアジも釣れちゃいます。 一度使って頂ければ、良さはきっと分かると思います。  

ソルストの表紙に!

池田雄一郎さんがフラッシュJシャッドSWで釣ったヒラメがSALT&STREAMの表紙をかざっています。

誌面でも池田流のフラットフィッシュのベイトパターン&サーフ攻略法を書いてくれているので、

是非参考にしてみてください。

 

DSC_0366 DSC_0368 DSC_0371


メガバスさんのオススメ。

メガバスさんのオススメは、ポップXとポップマックスの魚矢限定カラーです。 焼き鳥カラーと火の鳥カラーみたいです。  

タナハシさんのオススメ。

タナハシさんのオススメは、楠本くんも使っているシステムキャリーセットです。 ドカットなどに付けるシステムキャリーセットで、持ち運びがとても楽になります。 防波堤などでは、とても便利です。 また、船などで使う時には、ワンタッチで取り外しも出来るので邪魔になりません。 また、ロッドホルダーやドリンクホルダーなども付けるとさらに便利です。 タナハシさんは、便利グッズばかりのメーカーさんです。