SALT FIELD REPORT

SALT FIELD REPORT

ザ ストロングパワーベイトVol 135
「ジギングテンヤで攻略! 関東の夏タチウオ 編」

今回のザ ストロングパワーベイトは、「関東の夏タチ」をジギングテンヤシリーズで狙って来ました。

IMG_3561

初日は、外房・鴨川沖を関東タチウオのスペシャリストでもある三石 忍さんと狙ってきました。

鴨川沖は、タチウオのアベレージサイズが大きいと言うことで、タチウオテンヤが通用するフィールドと言うことで、ロケ地が決まったのですが、不安もいっぱいでした。

しかし、スタート直後からその不安もすぐに吹っ飛ぶ気持ちの良いバイトが出てくれました。

IMG_3528

1匹目は、私のジギングテンヤ40号+フラッシュJスプリット5″SWグローピンク/シルバーにヒット。

不安が無くなり、自信を持ってシャクリ続けていると私のジギングテンヤに3連発。関東のフィールドでもジギングテンヤが効くことを証明することができました。

IMG_3542

三石 忍さんもエサテンヤでコンスタントにグッドサイズを連続キャッチ。

関西のフィールドと変わらないアベレージサイズにテンヤの可能性を感じることが出来ました。テンヤの「掛ける釣り」は、間違いなく関東の方にも受け入れられる面白い釣りなので、チャレンジしてもらいたいと思います。

二日目は、東京湾の夏タチにチャレンジ。
昨年、東京湾の夏タチにチャレンジした時に、水深20m〜40mをメインに狙い、一般的なタチウオテンヤでは、大き過ぎるのを感じたのでライトジギングテンヤを作った経緯があります。

IMG_3536

今回、ライトジギングテンヤのプロトがあったので、楽しみでもありました。
しかし、この日は状況が悪く、メタルジグの方もほとんどアタリがない感じでした。
ライトジギングテンヤで数匹釣ってからアタリが出ない渋い状況に。

ならば、デカいの一発勝負で、ジギングテンヤ+フラッシュJスプリット5″SWにチェンジ。

IMG_3594

するとこの日、一番の118cmのドラゴンがヒット。

今回のロケで、関東タチウオロケが3度目になるのですが、3回ともドラゴン級のタチウオが釣れているのもジギングテンヤがデカいタチウオに効く証明だと思います。

IMG_3593

関東で、タチウオジギングされる方には、是非チャレンジしてもらいたいと思います。

今回のザ ストロングパワーベイトVol.135は8月9日(第二木曜日)配信です
お楽しみに!


タックルデータ

ロッド リーディング 82 MH-190MT(ダイワ)
リール ソルティスト ICS 103SH(ダイワ)
ライン Gソウル アップグレード X8 0.8号(YGKよつあみ)
リーダー スリム&ストロング 10号(YGKよつあみ)
ジグヘッド ジギングテンヤ 30号(110g)(フィッシュアロー)
ワーム フラッシュJ スプリット 5″ 7″ SW(フィッシュアロー)
ジグヘッド ライトジギングテンヤ 60g 80g(フィッシュアロー)
ワーム フラッシュJ 4″ SW(フィッシュアロー)

関連商品

ボート ロックフィッシュ レポート

フィッシュアロー ソルトテスターの幸田樹典です。
今年のロックフィッシュゲームは少しオフショアに力を入れたいと思います。

DSCF8892

先月から僕の地元の熊野沖へ大型のオオモンハタを限定してスイミングで狙ってきました。
沖と言っても船で10分くらい走った水深30〜40m前後がポイント。

DSCF8922

メインはでベイトに着いているオオモンハタをJH28g〜30gでワームはフラッシュJシャッド4.5インチのみ。色々試しましたが4.5インチが一番反応良く食ってきます。

DSCF8925

釣り方としてはボトム着底後リトリーブするのみ。リトリーブの巻くスピードはその日その日違いますがパターンとしては10回くらい巻いて反応なければまた落とすの繰り返し。

DSCF8921

そして食ってくるのがほぼ50センチオーバーの大型のオオモンハタ。今回のMAXサイズは59㎝。数はその日によりますが行くたびに一人二桁釣果です。

DSCF8926

フラッシュJシャッド4.5インチは大きさ(サイズ間)といいテールのシャッドのアピール力が大きいのでJHを落としてる途中でヒットする事も多々あります。

DSCF8928DSCF8931

ブレードを装着することでアルミホイルの反射との相乗効果が狙えます。

今後もオフショアの大型オオモンハタをスイミングでさらなる大型を狙っていきたいと思います。


タックルデータ

ロッド ロックスイパー710(ピュアフィッシング)
リール ロキサーニ3000HS(ピュアフィッシング)
ライン G-soul Upgrade X4 0.8号 200m (YGKよつあみ)
リーダー キャストマンアブソーバー(ナイロン) 20lb (YGKよつあみ)
ジグヘッド 28g
ワーム フラッシュJ シャッド4.5″ SW ( フィッシュアロー)

関連商品

オカッパリ ロックフィッシュ レポート

フィッシュアロー ソルトテスターの幸田樹典です。
今年もいよいよ本格シーズンを迎えたロックフィッシュゲーム。

DSCF8636

ここ最近は人気沸騰中でポイントによれば小型しか釣れないポイントもありますがまだまだ未開拓なポイントは点在してます。
今回の釣行は山道を片道1時間歩いて行ったポイント。ゴロタエリアであり、水深があるエリアにエントリー。

DSCF8937

最初はフリリグシンカー18gにフラッシュJグラブ4.5で始めるも小型がパラパラ釣れたので次はフラッシュJフラットに変えるとこれが今回の当たりパターンでした。

釣れるアカハタも30オーバーが連発。

DSCF8938

そしてなんとハタの王様クエも釣れました。

やはりハタがそのポイントで食べているエサが小魚より甲殻類系を捕食しているみたいだったのでフラットがパターンにハマったのだと思います。

DSCF8943

フラッシュJシリーズのフラッシングはアピール力が強く広範囲を探れるので、初場所でも信頼して使いはじめることができますし、実際に釣果がともなってくるのでとてもオススメなワームです。

DSCF8959

またフリリグシンカータングステンを使ったフリリグとも相性抜群なので、是非フラッシュJシリーズとフリリグのコンビは使ってみて欲しいと思います。

このショアからのハタゲームは11月くらいまでは釣れるので今年も色々開拓していきたいと思います。

 

 


タックルデータ

ロッド ロックスイパー88EXH(ピュアフィッシング)
リール レボ ロケット3000SH(ピュアフィッシング)
ライン G-soul Upgrade X4 0.8号 200m (YGKよつあみ)
リーダー キャストマンアブソーバー(ナイロン) 25lb (YGKよつあみ)
シンカー フリリグシンカータングステン 18g ( フィッシュアロー)
フック カウンターロック 3/0 ( カルティバ)
ワーム フラッシュJ フラット 3.5″ SW ( フィッシュアロー)
フラッシュJ グラブ 4.5″ SW ( フィッシュアロー)

関連商品

ザ ストロングパワーベイトVol 134
「大阪湾ボート アコウ釣り 編」

今回のザ ストロングパワーベイトは、大阪湾ボートアコウ釣り。

今年の大阪湾アコウ釣りは当たり年で、連日多くのアコウが釣れています。
これも2010年から続くアコウの放流事業があるからこそで、毎年10万匹のアコウの稚魚(10cm)が大阪湾に放流されています。

007

バスタックルで出来るうえ、強烈なファイターであるアコウは、ゲーム性が高いうえ、食べても美味しい高級魚なので、これから大阪湾を代表する人気ターゲットになることは間違いないと思われます。

この日は、堺のシーマジカルさんから出船。

今年好調のフラッシュJフラット3.5″SWのフリリグからスタート。

すると明るい時間帯から助っ人で来てくれていたシーマジカルのヤンヤンにアコウがヒット。

P6110453

抜き上げたアコウがボートデッキに吐いたのがカレイの幼魚。
フラッシュJフラット3.5″SWにピッタリのシルエットをみて、今年フラッシュJフラット3.5″が釣れている理由が分かりました。

調べてみると、6月にカレイの幼魚(10cm)10万匹を放流したみたいでした。

フィッシュイーターであるアコウが大量にいるカレイを喰っているのは間違いなく、「マッチ ザ ベイト」を意識すれば必然的にカレイのシルエットに近いフラッシュJフラット3.5″SWが釣れるわけです。

img_2968-2

「カレイパターン」が分かってからは、自信を持って使うことが出来、連発することができました。

44cmのグッドサイズのアコウを頭に3人で12匹のアコウをキャッチすることが出来、楽しいロケになりました。

今回釣ったアコウは全てリリースをしたのですが、30cm以下のアコウや食べない方は、速やかなリリースのご協力をお願いしたいと思います。

akou_osusume

今回のザ ストロングパワーベイトVol.134は7月12日(第二木曜日)配信予定です
お楽しみに!


タックルデータ

大阪湾アコウ:タックル

ロッド ステーズ STZ701MHFB-SV(ダイワ)
リール ジリオン W1516SH(ダイワ)
ライン Gソウル アップグレード X8 1.2号(YGKよつあみ)
リーダー スリム&ストロング 6号(YGKよつあみ)
ルアー フラッシュJ フラット 3.5″ SW(フィッシュアロー)
シンカー フリリグシンカー タングステン 21g(フィッシュアロー)
フック キロフック 4/0(デコイ)

関連商品

The Hit 大阪湾アコウ釣りレポート

今回のThe Hitは、今年当たり年の大阪湾アコウ釣り。
大阪湾では、毎年アコウの放流がされていて、昨年には16万匹のアコウが放流されています。

この放流の効果もあり、大阪湾では確実にアコウが増え、数年前から私たちも大阪湾ボートアコウゲームを楽しんでいます。特に今年は、アコウの当たり年で、30cmクラスのアコウの数釣りが可能となっています。

IMG_3026

また6月には、マコカレイ10万匹の放流もあり、アコウがカレイを吐くことが多く、シルエットがピッタリのフラッシュJフラット3.5″SWが爆発的なアタリルアーになっています。

ロケ当日も明るい時間帯から栗真くんが、フラッシュJフラット3.5″SWのフリリグの「カレイパターン」でグッドサイズアコウを連発しました。

「フリリグ」は、専用のティアドロップ型タングステンシンカーを使うことで、ボトム感知能力が高く、根掛かり回避能力が高いと言ったメリットがあります。

またワームがホップしやすいと言う性質があるので、カーブフォール中にバイトが良く出るアコウ釣りには欠かすことの出来ないリグだと言えます。

また大阪湾で使うウエイトは、10gから28gが必要で、ロケ当日も潮が速いうえ、風もきつかったので、28gメインで、やっと底が分かる感じでした。

IMG_3056

暗くなり、アコウのベストタイムになると私もアコウが釣れるようになり、カレイパターンが炸裂。
46cmのビッグアコウを頭に私と栗真くん2人で、11匹の爆釣でした。

バスタックルで出来るうえ、バスよりも強烈なファイトを見せるアコウは食べても美味しい高級魚なので、これから年々人気の出るゲームフィッシングになると思います。

IMG_3079

アコウは30cmクラスに成長するまで3年程かかるそうです、長く楽しむために30cm以下や食べない魚はすみやかにリリースしましょう。

また大阪湾アコウ釣りは、釣りが終わった後もすぐに帰ることが出来るのも魅力なので、一度チャレンジしてみて欲しいと思います。

 

ザ ヒット放送日
7月4日(水)22:00〜22:30(サンテレビ)
7月5日(木)8:00〜8:30(サンテレビ)
7月17日(火)22:00〜22:30(テレビ埼玉)
7月17日(火)25:25〜25:55(あいテレビ)


タックルデータ

大阪湾アコウ タックル

ロッド ジリオン STZ701MHFB-SV(ダイワ)
リール ジリオン TW1516SH(ダイワ)
ライン Gソウル X8 アップグレード 1.2号(YGKよつあみ)
リーダー ガリス スリム&ストロング 6号(YGKよつあみ)
ルアー フレッシュJフラット3.5″ SW (フィッシュアロー)
シンカー フリリグシンカー タングステン 21g,28g (フィッシュアロー)
フック キロフック4/0 (デコイ)

関連商品

東京湾「ジギングテンヤ」使用可能船宿一覧

東京湾「ジギングテンヤ」使用可能な船宿さん一覧表です。
(ご使用の際は、船長に一言お声掛けお願い致します。)

fa_kantou_funayado

船宿ホームページ
太田屋  ●蒲谷丸  ●鴨下丸  ●三喜丸  ●渡辺釣船店  ●つり幸  ●さわ浦丸  
深川吉野屋  ●こなや丸 


※ 敬称略 
※ 記載以外の乗合船での使用については、お手数ですが直接ご確認ください。


関連商品

ザ ストロングパワーベイトVol 133
「フラッシング鯛ラバ in 御前崎 編」

今回のザ ストロングパワーベイトは、静岡県の御前崎の華丸さんで、タイラバ初挑戦のオフィスユーカリの戸塚明子(アッコ)ちゃんを迎えてタイラバをして来ました。

DSC_6365

今回使ったタイラバは、クロスツーさんと華丸の植田船長コラボの無波動タイラバ“匠”。ヘッドがぶれずに真っすぐにくるので、波動が小さくスレた鯛によく効くタイラバだと言うことでした。またフックも小針の3段針で、喰ってきた鯛を確実に掛ける使用になっています。

また今回使用したラインは、オードラゴンと言う比重1.4の水なじみの良いシンキングPEライン。待望の200m、5カラードタイプが出て、タイラバにも評判の良いラインになります。

フラッシュJカーリー2″SWのカブラグリーンを付けた私に1投目から真鯛がヒット。

DSC_6339

昨日までかなり厳しい釣果だと聞いてのスタートだったので、びっくりでした。

写真を撮り終え、再スタート。すると再び、私に真鯛がヒット。
2連チャンで、私のお仕事は終了。

DSC_6335

あとは、タイラバ初挑戦のアッコちゃんに真鯛を釣ってもらい、タイラバの面白さを動画で伝えてもらうのみ。しかし、釣れるのは、レンコダイにチダイにガシラにアヤメにと外道ばかり。

諦めずに淡々と落として、巻いてを繰り返しているアッコちゃんに待望の真鯛がヒット。

やはり、先ほどまでの外道とは違う強烈な引きにビックリしている様子。真鯛が上がった時の興奮は、初挑戦ならではの感動ものなので、是非動画をチェックしてもらいたいと思います。

どんな釣りでも初めてのターゲットの釣りは、ワクワクと感動が忘れられないものになると思います。

タイラバは、落として巻くだけの簡単な釣りなので、初心者でも簡単に始められる釣りだと思います。

DSC_6324

今回、アッコちゃんも真鯛を2匹釣ることが出来、タイラバの魅力を体感できたようで、こちらまで嬉しくなりました。

初心者や女性でも出来るタイラバは、簡単な釣りではありますが、上級者になっても飽きることのない奥深い釣りでもあるので、タイラバをしたことのない方は、是非チャレンジしてみて欲しいと思います。

今回のザ ストロングパワーベイトVol.133は6月14日(第二木曜日)配信予定です
お楽しみに!


タックルデータ

タイラバ:タックル

ロッド 紅牙 AGSN69MHB-METAL(ダイワ)
リール ライトゲーム 150H(ダイワ)
ライン オードラゴン 5カラード 0.8号(YGKよつあみ)
ルアー 匠 120g(クロスツー)
フラッシュJ カーリー 2″ SW(フィッシュアロー)

 

関連商品

NEWリグ「フリキャロ」絶好調!横浜デイアジング便

テスターの澤村氏よりテストレポートが届きました!

6/1金曜日。シーバスガイドSTRIKER水谷CAP・早川CAPを乗せてNEWリグ【フリキャロ】の実釣に行ってきました。

フリキャロというのはフリリグのキャロライナ版。
FishArrowの新しいリグです。

o3926253714202732546

ナス型シンカーのアイにラインを通す事による魚に違和感を与えにくいリグ。形はキャロと同じだがキャロシンカーに比べると糸の接地面積が少ないのでフリキャロのほうが感度が良く、同じウェイトでもナス型シンカーのほうが沈下スピードが断然早い。

o4032302414202732500

両キャプテンにフリリグシンカー各ウェイトとそれに合うフラッシャーワーム等を進呈しフリキャロを簡単に説明。
あとは各々で使いやすいようにNewリグをアレンジして行きましょう!
って感じで出航15時。

o2772382114202745813

o3931277914202732504

ガイド船キャプテンが操船から解放されて釣りに専念出来る時の〝釣れっぷり〟はそりゃもう凄いもんですよ。サクサク釣ってました。

o3931281314202732521

o3864231014202732541

私はMaria ゼロヘッド ドリフトを使用してボトムでノーシンカーっぽくフワフワと演出。メインラインにほぼ直結状態なのでアタリは明確にコンッ!と入る。
シンカーの重さがアジに伝わるとすぐに吐き出してしまうのでそういう意味でもフリキャロは有効なリグ。

o3711274014202732515

フリキャロ、連発。

早川CAPはアクションを入れて誘発、水谷CAPはボトムを取ってからタダ巻き。
色々な攻め方が出来るのもフリキャロの面白いところ。
ちなみ両キャプテンはアジングガイドの時もキャロを多用してます。


1つのリグでボトムから表層まで効率良く攻められるし何よりも手返しが良いのがキャロの大きな特徴。
ガイド船船長さんなので操船ありき、1投1投に時間が掛かるリグはNGなんです。なのでキャロを多用してるという事なんです。



フリキャロの要領が分かってきてからはアタリ連発に拍車が掛かり表層でバイトが連発するパターンまで見えてきた。
水面下1mでアタリが連発。
デイアジングで表層ゲームが出来る程、横浜エリアは今熱いです。

o2946353814202732512

o3861219214202732496

早川CAPはシンカーストッパーを上下に入れてキャロのエダスの長さを自在に調整出来るシステムを編み出して連発してました。さすが!

o3633276314202732507

私はシンカーを7gから3.5gまで軽くし表層を攻めたりゆっくりテンションフォールをしたりと上のレンジを攻めて攻略。

o0620030014202776830

フリリグシンカー タングステンはバリエーションがとても豊富なので色々な攻略が出来ます。タングステンなので小さいしアイが回転するのでとても有能なシンカーです。

o3942275414202732532

しかしまぁ相変わらず横浜デイアジングは絶好調で3時間で充分楽しめた。
本当は夜もやるつもりだったけど怪しい雲もかかってきたので18時帰港。

デイアジングだと晩飯に間に合うんです。

o1477110814202767757

早川家の晩飯にはさっき釣れた新鮮なアジが並んだようです。

フリキャロ、アジングでも有効なリグだと思います。ジグ単からバチコン・フリキャロまで好きな攻め方で絶好調な横浜デイアジングをしてみませんか。

STRIKERさんならデイアジングからナイトアジングまで楽しいアジングをご案内してくれますよ〜 そんな金曜日でした。


タックルデータ

ロッド プロトロッドUL(LEGIT DESIGN)
リール 16ヴァンキッシュ C2000HGS(シマノ)
NO LIMITS 10SL2500RA/S(STUDIO OceanMark)
ライン CHERUM AMBERCORD SG S-PET 失透グリーン(YGK よつあみ)
リーダー CHERUM AMBERCORD SG アブソーバー ウルトラストロング FCリーダー 0.6号(YGK よつあみ)
ワーム フラッシャーワーム 1″ SW( Fish Arrow)
フリリグシンカー タングステン 7g( Fish Arrow)
ゼロヘッド ドリフト( Maria)

関連商品

ルアーニュースTV動画ロケレポート
松本猛司&さゆりん「フラッシング鯛ラバ」で
大ダイ連発 in 舞鶴沖

5月17日、ルアーニュースTV動画のロケのため、舞鶴のトップスジャパンさんにルアルアチャンネルでおなじみの河原さゆりちゃんとディープタイラバに行ってきました。

河原さゆりちゃんは、タイラバ歴10回のベテランにも関わらず、真鯛を釣ったことがないとの事だったので、河原さゆりちゃんに初真鯛を釣ってもらう企画で頑張ってきました。

船長が言うには、前日は、かなり厳しかったと言うことで、最初から今年ブレイク中の中井チューン+フラッシュJカーリー2″SWの組み合わせからスタート。

IMG_3055

やはり前日同様に厳しい状況でした。

午前中、潮が動かない状況に苦戦しましたが、昼前に潮が動いた短い時合をとらえ、河原さゆりちゃんが人生初の真鯛をキャッチ。

P5170382

写真などを取り終え、再スタートすると再び河原さゆりちゃんのタイラバにヒット。

同じタイミングで私にもドラグが出る大物がヒット。

先に河原さゆりちゃんが2匹目の真鯛を上げ、河原さゆりちゃんに釣ってもらうと言う企画は大成功。

私が大鯛を釣って・・・と思っていると上がってきたのは70cmのメジロ。

IMG_3054

短い時合が終わり、昼を過ぎて私だけが真鯛を釣っていないと言う状況に。
良く釣っている方をみているとタイラバがボトムについても巻かずに、ラインの角度が付くまでラインテンションを掛けながら放置していました。

この日は、潮が動いていなかったこともあり、その方は着底後4〜5分我慢してから巻き始める感じでした。
私もその方を見習ってライン角度が付くまで我慢してからスタート。

すると、ドラグが出る大物がヒット。
上がってきたのは、自己記録となる81cmの大鯛。

IMG_3045

なかなか釣れないハチマルの大鯛が出たことで、締めのコメント撮り。
エンディング終了後、釣りを再開すると河原さゆりちゃんのタイラバにずっしりとしたアタリが。

ファイトこそ地味でしたが、中々上がってこない大物とのやり取りに、みんなで何の魚だろうとワイワイと喋っていると、上がってきたのは、私も初めて見る座布団サイズのヒラメ。

IMG_3041

さっきまでの私の81cmの大鯛が霞む座布団ヒラメに船上は大盛り上がり。

実寸76cmのヒラメは、迫力満点でした。

P5170394

河原さゆりちゃんの座布団ヒラメで動画撮影は終了。
今回の模様は、ルアーニュースTV動画にてご覧頂くことが出来ます。


タックルデータ

ディープタイラバ タックル

ロッド 紅牙 AGSN69MHB-METAL(ダイワ)
リール リョウガ BJ C2025PE-SH(ダイワ)
ライン スーパージグマン X8 0.8号 600m(YGKよつあみ)
タイラバヘッド レッドスナイパー 160〜240g(トップスジャパン)
ルミノーバ スカート(フィッシュアロー)
トレーラー リングフラッシャー 2″ SW (フィッシュアロー)
フラッシュJ カーリー 2″ SW (フィッシュアロー)

関連商品

The Hit ディープタイラバリベンジレポート

12月末に舞鶴のトップスジャパンさんでディープタイラバロケをした時は、私も楠本くんもエミコちゃんも真鯛を釣ることが出来ずに悔しい思いをしたので、今回は気合を入れてのリベンジロケになりました。

今回キーになったのが、トップスジャパンの森船長オススメの「フラッシュJカーリー2″SW」。

IMG_2963

このワームは、ナチュラルさとアピール力を持った本当に良く釣れるワームで、トップスジャパンさんに来られる方は、皆さん持っているぐらい本当によく使われているワームになります。

実績は申し分ないので、今回のロケは自信満々で臨むことができました。

予想通りに朝イチからエミコちゃんのレッドスナイパー240g+中井チューン+フラッシュJカーリー2″SWに真鯛がヒット。

P4270290

続いて、楠本くんのレッドスナイパー240g+ルミノーバ・スカート+リングフラッシャー2″SWにも真鯛がヒット。

IMG_2962
そして、私のレッドスナイパー240g+フラッシュJスクイッド3.5″SW+フラッシュJカーリー2″SWにもヒットし全員安打に。

P4270329

ポロポロと真鯛が釣れてくれたので、余裕が出来たら“タラ”狙いも面白いと言うことだったので、タラ狙いにチャレンジ。

タイラバタックルに300gのヘッドで水深200mぐらいを狙うのですが、アピールが重要だと言うことで、私と楠本くんは、フリースライド300g+フラッシュJサーベル11″SWで猛アピール作戦に。

P4270353

そしてエミコちゃんは、フリースライド300g+フラッシュJスクイッド3.5″SWでスタート。

するとThe Hit初となる“タラ”を私が1匹、楠本くんが1匹、そしてエミコちゃんが2匹釣ることができました。

P4270368P4270345

タラ狙いに時間を使いすぎ、夕方一発狙いのポイントに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私が75cmの大鯛を。
楠本くんも76cmの大鯛を。
そしてエミコちゃんも73cmの大鯛を釣ることが出来、100点満点のロケになりました。


タックルデータ

ディープタイラバ:真鯛タックル

ロッド 紅牙 AGSN69MHB-METAL(ダイワ)
リール ソルティガ BJ 100SH(ダイワ)
ライン スーパージグマン X8 1号 400m(YGKよつあみ)
ルアー レッドスナイパー 240g(トップスジャパン)
フラッシュJ スクイッド 3.5″ SW (フィッシュアロー)
フラッシュJ カーリー 2″ SW (フィッシュアロー)

関連商品

1 / 912345...最後 »