SALT FIELD REPORT

SALT FIELD REPORT > ストロングパワーベイト > ザ ストロングパワーベイトVol.113
「九州フラッシング鯛ラバ釣行編」

ザ ストロングパワーベイトVol.113
「九州フラッシング鯛ラバ釣行編」

今回の模様は、2016年10月13日配信の
「THE STRONG POWER BAIT」Vol.113です。

本編動画を視聴

今回のザ ストロングパワーベイトは、九州北部の玄界灘にある壹岐の島周辺を鯛ラバフックにフラッシュJシリーズやサビキとワームのハイブリッドのフラッシャーシリーズをチョン掛けした「フラッシング鯛ラバ」で根魚をメインに狙って来ました。

ベイトフィッシュを意識した「鯛ラバの新スタイル!!」のフラッシング鯛ラバは、鯛だけでなくアコウ(キジハタ)などの根魚にもとても効きます。この日もベイトフィッシュのサイズやアクションやカラーを考えながらセレクトするフラッシング鯛ラバでアコウを中心に根魚を連発することが出来ました。

p9080082

私の基本的な使い分けとしては、シラスなどの本当に小さなベイトフィッシュを喰っている時は、フラッシュJ1.5″スリムやフラッシュJ1″やフラッシュJハドル1″。

イワシやイカナゴなどのベイトフィッシュを喰っている時は、フラッシュJ3″やフラッシュJ3″シャッド。カニなどの甲殻類系を喰っている時は、フラッシュJグラブ3″。

またベイトフィッシュではなく虫や海藻などを喰っている時には、フラッシャーワーム1″やリングフラッシャー2″(プロト)と言った感じでセレクトします。

p9080086

またワームを鯛ラバフックにチョン掛けしているので、普通のネクタイを使った鯛ラバに比べてフッキング率が圧倒的に高いのもフラッシング鯛ラバの特徴とも言えます。皆さんも鯛ラバに行く時は、フラッシュJシリーズとフラッシャーシリーズを持って行ってみて下さい。

p9080105

今回のザ ストロングパワーベイトVol.113.本編は10月13日(第二木曜日)配信なのでお楽しみに!

 


タックルデータ

ロッド 紅牙 AGSN69MHB-METL(ダイワ)
リール キャタリナベイジギング 200SH(ダイワ)
ライン スーパージグマン X8 0.8号(YGKよつあみ)
リーダー ガリスFCアブソーバー アンフィニ スリム&ストロング 3号 (YGKよつあみ)
ルアー 鯛ラバ:紅牙ベイラバーフリー(ダイワ)
フラッシュJ 1″SW (フィッシュアロー)
フラッシュJ グラブ 3″SW (フィッシュアロー)
リングフラッシャー 2″ プロト (フィッシュアロー)

関連商品