SALT FIELD REPORT

SALT FIELD REPORT > 幸田樹典氏 > スイミングでのオオモンハタ釣果レポート

スイミングでのオオモンハタ釣果レポート

フィッシュアロー ソルトテスターの幸田樹典です。
今回は、三重県熊野沖ボートロックゲームでの釣果報告です。

dscf4837

今回のフィールドは僕の地元の三重県熊野沖での実釣です。出向から10分程度でポイント到着、水深は10~20m前後をジグヘッド単体のスイミングをメインに、オオモンハタ限定して狙ってきました。

dscf4840

当日のメインベイトは10〜15センチ程度の豆アジだったので、
フラッシュJシャッド4.5インチSWをメインに使用しました。
僕は、
フラッシュJシャッドの4インチと4.5インチをベイトによって使い分けています。

dscf4842

例えばイワシ、キビナゴなどのスリムな場合はフラッシュJシャッド4インチSWを使用。豆アジまたはベイトが確認できない場合にはアピール&ボリュームでフラッシュJシャッド4.5インチSWを使用しています。

dscf4848

ポイントには、豆アジのベイトボールが確認出来たので25gのジグヘッドにツインブレード+フラッシュJシャッド4.5インチSWを、中層から表層をリトリーブ。

すると、1投目から45センチのオオモンハタ!
その後も同じパターンで40アップを連発しました。

dscf4849

同じベイトに着いてたシオもスイミングで連発でした。
またそのベイトボールのボトム周辺にはこれまた良型のアカハタが着いていました。
けれど、今回のメインはスイミングでのオオモンハタだったのでテキサス等でのアカハタはあまりやっていません(笑)

dscf4853dscf4857

今後機会があればまたオフショアでのロックゲームを体験したいと思います。
その際にはまた報告しますね。

幸田樹典


タックルデータ

ロッド ブラックスター ハード S76MX (ゼスタ)プロト
リール セルテート 2506 (ダイワ)
ライン G-soul アップグレード X4 0.8号 (YGKよつあみ)
リーダー ガリス キャストマン ナイロン 20ポンド (YGKよつあみ)
ワーム フラッシュJ シャッド 4.5″ SW ( Fish Arrow)
ジグヘッド ファイヤーヘッド 25g (カルティバ)
ハイパータッチダウン 28g (ゼスタ)
ツインブレード (ZAPPU)

関連商品