SALT FIELD REPORT

SALT FIELD REPORT > ストロングパワーベイト > ザ ストロングパワーベイトVol 123
「真夏のロックフィッシュゲーム編」

ザ ストロングパワーベイトVol 123
「真夏のロックフィッシュゲーム編」

今回の模様は、2017年8月10日配信の
「THE STRONG POWER BAIT」Vol.123です。

本編動画を視聴

フィッシュアロー テスターの幸田です。

先日、ザストロングパワーベイト今年1発目のロケで
ロックフィッシュ釣行へ行ってきました。

今回は僕と関東テスターの小町君との撮影でトークこそ微妙でしたが、釣りの方は二人ともバッチリ成功でした。今回も午後からの出船で一番魚の濃いエリアに行きましたが当日は昼から少し風あり、ウネリ、波のあると言う素敵な条件(笑)。

DSCF7051

DSCF7041

渡船で渡してもらった磯の風裏を探してその場所で頑張りました。

僕は最初フリリグシンカ―21gにフラッシュJ 4″のシラス/シルバーをつかったフリリグでスタート。

キャスト後ボトム着底を待ちますが波と風、潮が動いていたのでボトム着底が分かりずらかったですが何とか着底させいつものように30~50センチ程度ロッドワークでリフト&フォールで誘うと1投目からヒット。幸先いい感じで隣の小町君も1投目から良型ヒットしてました。

僕の経験ですが状況的に海が少し荒れている方が底付近まで混ぜられて魚が高活性で尚且つ魚もデカいのがヒットしてくる率が高いとおもいます。

DSCF7054

その後も順調に釣っていきますがこの日のヒットパターンがありました。それはフリリグシンカ―28gにフラッシュJフラット 3.5″SWがこの日のパターンでした。

DSCF7064

この日釣れるハタは、エビやカニなどの甲殻類、それに小タコと言ったボトム系がメインのベイトで尚且つ海が荒れてたのでボトム周辺でアピールし存在感のあるフラットがハマっていたのかもしれません。

僕個人ではどこの場所へ行っても最初にフラッシュJ 4″からスタートしその後はグラブ、クロー、最後にフラットの順でローテしていく事が多いと思います。

DSCF7057

今回のロケではほぼフリリグメインで狙いましたが、根掛かりが少なく飛距離もよくでるのでアカハタを狙うにあたってのリフト&フォールの釣りには適していると思います。

アカハタの釣りに関してはリフト&フォールのフォールで食ってくる事が多いのでリフトで見せてフォールで食わすフリリグが適していると思いますので皆さんも試してみて下さい。

今回のザ ストロングパワーベイトVol.123.本編は8月10日(第二木曜日)配信です
お楽しみに!


タックルデータ

ロッド ハイドアウトハンター 807XH(ジャクソン)
リール セルテート 2508PE(ダイワ)
ライン G-soul Upgrade X4 0.8号 200m (YGKよつあみ)
リーダー キャストマン 〈ナイロン〉 20lb (YGKよつあみ)
ルアー フラッシュJ 4″ SW (フィッシュアロー)
フラッシュJ フラット 3.5″ SW (フィッシュアロー)
シンカー フリリグシンカー タングステン (フィッシュアロー)
FGノット

関連商品