SALT FIELD REPORT

SALT FIELD REPORT > 小町広一氏 > 東京湾アジング開幕!!

東京湾アジング開幕!!

東京湾でアジングの釣果が出始めました。
シーズン初期という事で陸っぱりでの釣りは群れの数がまとまっていない
事から、日によって釣果はまちまち。
回遊に当たったとしてもジアイは短いので数少ないチャンスをいかにものに
するかがキーとなります。

IMG_2045_hp

日によっては豆アジ(小さいアジ)が連発となる事も多いのですが、
豆サイズにこそアジングの魅力が詰まっていると僕は感じています。

小さいバイトを感じ取るタックル(ライン)感度、小さく柔らかい口に
的確にフックアップさせる為のワームジグヘッド。
ルアー、タックル、技術が伴っていないとマメアジの連発は
困難を極めるのです。

だからこそ、この時期の陸っぱりは来るべきハイシーズンへ向けた
良い練習の時期なのです。

一方のボートゲームは着き場とヒットパターンを見つければ、
数釣りやサイズ狙いも可能ですので、これからアジングにチャレンジしたい
という方はボートゲームから始める事をオススメします。

IMG_2072_hp

ポイントセレクトはキャプテンのスキルを信頼し、
釣り手はタイトな攻めを展開すればOK。

そして、これらのアジングゲームに激ハマリなのが、
この秋発売の2種類のNEWワーム!!

先ずは、サビキとワームのハイブリッド、
フラッシャーワーム1″

IMG_2043_hp

上記の通り、サビキに使われているフラッシャーをワームのテールとして
採用した全く新しいコンセプトのワームです。
極僅かな水流で絶妙にフレアするフラッシャーがアジの食性を

劇的に刺激しバイトへ持ち込みます。

また、吸い込み追従性が非常に高い事から、豆サイズの小さな口にも的確に
ジグヘッドを送り込む事が可能ですので、短いジアイを逃さず、
釣果を伸ばす事が可能です。
この事からフラッシャーワーム1″は陸っぱりでの出番が多い様に感じています。

もう一種類がフラッシュJのスリムロングタイプ!!
フラッシュJ1.5“スリムSW

IMG_2047_hp

こちらは反射材のアルミ入り、リアルフォルムといった
フラッシュJシリーズの血統を受け継ぎ、アジングにマッチする様、
形状の最適化がなされた品種です。

特徴はアルミホイルのフラッシング細長いボディから発する
マイルドな波動で、比較的、
めのアピールがありますので自分は
ボートゲームで高活性な個体を狙い撃つ際に多様しています。

陸っぱリもボートゲームも未だスタートの時期であり、
本格的な秋へ向けてもっともっと釣れる様になっていきます。

IMG_2082_hp

今回、ご紹介した“フラッシャーワーム1″と“フラッシュJ1.5スリムSW”は
そんなハイシーズンに合わせて発売予定ですので、
是非、皆さんのフィールドで使ってみてくださいね。

「きっと、衝撃の釣果が得られますよ♪」


タックルデータ

タックルデータ1

ロッド PALMS ELUA Pinwheel PAGS-69
リール 10STELLA C2000S(SOM CUSTOM)
ライン YGK リアルデシテックス PE0.3号
リーダー YGKよつあみ フロロ4lb
ルアー フラッシュJ1.5”スリムSW( Fish Arrow)
フラッシャーワーム1”( Fish Arrow)

タックルデータ2

ロッド PALMS プロト 6.9ft
リール 14STELLA C2000S(SOM CUSTOM)
ライン YGKよつあみ ハイエンドフロロ 2.8lb
ルアー フラッシュJ1.5”スリムSW( Fish Arrow)
フラッシャーワーム1”( Fish Arrow)
アイウェア ストームライダー ナイトカスタム

関連商品