SALT FIELD REPORT

SALT FIELD REPORT > 2015 > 3月

2015年3月

ビッグベイトで春爆、東京湾ボートシーバス

ビッグベイトで春爆、東京湾ボートシーバス

 

東京湾の敏腕ガイド、アイランドクルーズよりボートシーバスへ行ってきました。
今回は仲間内でチャーターしたのですが、テーマはビッグベイトオンリー!!!

秋の大型ベイトに着いたデカシーバスハントは2014秋シーズンに達成しており、
次なる興味は春の小型ベイトを捕食しているシーバスにもビッグベイトは有効かを知る事。

この時期は8cm前後のイワシがメインベイトとなるので、
一般的にビッグベイトはマッチした釣り方と考え難いのですが、結果はバクバク。

ビッグベイトで春爆、東京湾ボートシーバス


モンスタージャックNEO
ビビッドクルーズを中心にローテし、
数十バイト、二桁安打の釣果。春爆を堪能する事ができました。

モンスタージャックNEOとビビッドクルーズは
昨年秋より僕のシーバスシーンにおいて中心を担う存在となっています。

 

ビッグベイトで春爆、東京湾ボートシーバス

春のベイトパターンにハマった事は大きな収穫!!
この調子でストロングパターンのブラッシュアップに努めたいと思います。

ビッグベイトで春爆、東京湾ボートシーバス
ボートシーバス:タックル

 

■ROD PALMS ELUA MOLLA(MGC-74XHM)
■REEL タトゥーラ(103SH-TW)
■LINE ナスリー  エヌウォーカー
ドレッドライン
16LB(YGK)
■SNAP オーシャンスナップ(OS3S)
■LURE モンスタージャックNEO
ビビッドクルーズ 150/170
■GLASSES ストームライダー:ナイトカスタム

 

ビッグベイトで春爆、東京湾ボートシーバス

 


2015年3月

ハドルミノーハード65/80でのアフター磯メバル

ハドルミノーハード65、80でのアフター磯メバル

 

磯でアフターメバルを狙うにあたって今回使用したのはハドルミノーハード65です。

釣行時は満潮前後にポイントの入り満潮からの下げ潮でポイントに入りました。
そこで手間のタイドプールを見てみるとそこには今回キーになるベイトの群れ。

ベイトのサイズは推定4~5センチ程度のイワシ。なのでマッチザベイトに近づけるべく
ハドル65をセットして磯の際、
またはスリット等をスローリトリーブで引いてくる


予感が的中!
メバルサイズは25~28センチ前後までのメバルが連発でした。

ハドルミノーハード65、80でのアフター磯メバル


ちなみにハドルミノーハードには板オモリが備えつけで入っていますが僕の場合は
板オモリなしのそのままで使用しています。


一番気になるところですがルアーウエイトに関してはメバル釣りの中で全然飛距離もありますし使ってて何の問題も感じません。

JH1g感覚みたいな物なので普通に磯等では使用できました。

ハドルミノーハード65、80でのアフター磯メバル

またこのテール部分がメバルに対して何らかの波動が出て
バイトにもち込むのだと思います。


ここで一つおススメですが標準フックより一つサイズを上げた
フックをセットするとバイト率もヒット率も良くなりますよ。



 

ハドルミノーハード65、80でのアフター磯メバル
ハドルミノーハード65/80:タックル

 

■ROD ゼスタ ブラックスターTZ-Tuned S66
■REEL レアニウムC2000HGS
■LINE Real dtex Premium WX8 
0.3号(YGK)
■LEADER ニトロン GesoXフロロリーダー 1.75号(YGK)
■LURE ハドルミノーハード65/80(フィッシュアロー)

 

ハドルミノーハード65、80でのアフター磯メバル





2015年3月

横浜ルアーメバルトーナメント2015
第3戦レポート 澤村智之氏

横浜ルアーメバルトーナメント2015 第3戦レポート 澤村智之氏

 

横浜ルアーメバルトーナメント第三戦が14日に開催されました。
この大会は3時間で3匹合計の全長を競う年間5戦のトーナメントです。

19時大会スタート。大会当日、一ヶ月ぶりにボートを下架したので最近のメバルの状況が全く判りません。 なので第一戦のウィニングパターンを試してみたら3投目で明確なバイトが。一匹目から26cmのナイスキーパー。

フラッシュJ1インチ SWと


使用したのはフラッシュJ1インチ SW(イナッコ/シルバー)とウィールヘッド1g(ソルト用プロト)でした。

ペラの抵抗でゆっくりフォールさせてフラッシュJ1インチ SWをじっくり見せてバイトを誘う、という第一戦と全く同じパターンでした。通常のジグヘッドよりペラの抵抗によりフォール姿勢が安定しているので超リアルなフラッシュJ1インチ SWをより長時間アピール出来て深いバイトを誘発出来ました。

同じパターンで早々にリミットメイク。

シーズン真っ只中で毎晩のように叩かれている都心部のメバル、そんなスレきったメバルですからワームやジグヘッドのちょっとの違いで全く釣果が異なります。

今までに無い超リアルなフラッシュJ1インチ SW、いつも助けてもらってます。

横浜ルアーメバルトーナメント2015 第3戦レポート 澤村智之氏

そしてすぐ横の船着き場のライト下でメバルのボイルが始まりプラグで連発。

26cm・25cmを始め多くのメバルが釣れました。

22時帰着。26cm/26cm/25cmの合計77cmでウェイイン。

結果、準優勝でした。

猛者ぞろいの大会ですので、やはり80cmは無いと勝てないですね。。。
それでも2戦連続お立ち台GETです!

都合上、第二戦を欠場してしまったので年間タイトルは無理ですが残り二戦、
出場出来る試合は常に表彰台を目指して頑張ります。



フラッシュJ1インチ SWと


D-マリーナ 

横浜ルアーメバルトーナメント 



2015年3月

第一回大阪湾チャーター船合同メバル大会優勝!中山健人氏レポート

大阪湾チャーター船合同メバル大会優勝!中山氏レポート

 

はじめまして、大阪泉南を中心にライトSWゲームを主にしている中山と申します。

2015年3月8日に開催された第一回大阪湾チャーター船合同メバル大会に

参加させていただいて優勝しました!

この大会は、シーマジカルさん、シーパラダイスさん、チェイスさん、フジヤマさん、シーライドさんの
共同開催で開催されたボートメバル大会で3匹の合計長寸で争います。

スタートは午後5時。
明るい時間はボトムにいるであろうメバルをメタルジグで探りますがノーバイト。
風も強く釣りがしにくい状況でした。

苦戦している私を見て、シーマジカルの矢野キャプテンのアドバイスのもと

フラッシュJ SW 1インチ ♯103:オレンジ/シルバー
もうすぐ発売になる
two by two レベロク スライドヘッドの1.5gに変更!

大阪湾チャーター船合同メバル大会優勝!中山氏レポート

するといきなり、本日最大魚の24.9cmのメバルゲット!

やっぱりフラッシュJ、デカいの釣れてきてくれます!

しかし、その後レンジコントロールがなかなかできなくなり、、、
知らない間に、ルアーがボトムについていてしまっていて、ガシラを連続でヒット。。
なかなか調子に乗ることができません。。。

のこり時間が少なくなったところでポイント移動!

水深に合わせてジグヘッドの重さを調整して釣りを再開!

フラッシュJ SW 1インチ ♯103:オレンジ/シルバー


するとここでメバルラッシュ突入!


1キャスト&1ヒットで魚を4本追加。しかもいいサイズばっかり!
合計5本のキャッチです。

ワームはもちろんフラッシュJ!

その後、終了時間となり検量へ。。。

24.9cm
23.1cm
23.0cm
合計:71.0cm

で優勝することができました!!


大阪湾チャーター船合同メバル大会優勝!中山氏レポート


私もそうだったのですが、上位の方々の釣り方はすべてダートさせてからのフォールだったみたいです!
ダートのアクションは感じはポーンポーンとゆっくりアクションを入れるイメージで釣って行きました。
ほかの方は別のワームを使われていたようで、、、、

優勝できたのは、私のウデじゃなくて、
同じ釣り方でもデカい魚の選んで釣れて来てくれる
フラッシュJのお陰だなと表彰の後に実感しました!

これからもフラッシュJ SWでデカいメバルを追いかけます!

タックルデータ

 

■ROD ヤマガブランクス ブルーカレント 66TZ
■REEL ダイワ イージス 2004
■LINE アジファイン 0.1号
■LEADER シーガー エース 1.5号
■JIGHEAD Two by Two レベロク スライドヘッド
1.5g&3g
■LURE フラッシュJ SW 1インチ オレンジシルバー

 

フラッシュJSW1インチ♯103:オレンジ/シルバー