SALT FIELD REPORT

SALT FIELD REPORT > 2015 > 4月

2015年4月

プロトワームのサンプルテストとウィールミノーの対メバル有効性検証

20150427082641

フィッシュアローテスターの澤村さんに船を出して頂き、東京湾ライトゲームへ行ってきました。

今回のテーマはいくつかある
プロトワームのサンプルテストとウィールミノーの対メバル有効性検証
が主なところ。

先ずはフラッシュJのスリムロングタイプ(プロト)を用いて
アジングからスタート
します。
o0800050113285083072

この日は要所要所で怪しい反応が魚探に映るものの、残念ながら大規模な回遊には
当たらなかった模様で、苦戦を強いられてしまいました。

そんな状況下、短時間勝負でしたが澤村さん
プロトワームでキッチリ本命ゲット!!!

現行1インチSWもアジが良く釣れる仕上がりですが、
やはりアジングにはこの細さと程良い長さが武器となります。

スリムロングコンセプトのフラッシュJは仕上がれば激ヤバになる事は判っているので、皆さんのお手元に届けたいという一心で量産化へ向けたブラッシュアップを継続して行こうと思います。

もう一方のテーマ、ウィールミノーの対メバル検証に関してですが、
こちらは終始笑いの止まらないバクバクモード全開!!!

0〜5cmくらいのレンジイメージでスローに引くだけで、
良型メバルが飛沫を上げてガンガンアタックしてきます。

例年、この時期のメバルは表層を意識している事が多く、
ハード系で広くサーチするのが正攻法。
当日も5cmクラスのシンペンとのローテーションで
釣りを組み立てて行きました。

ウィールミノーはノーズとテールのスイッシャーが程良い水流を発生し、かつ、
スローに引いても常に回転している事でルアーの見切りを抑制します。

「兎に角、連続バイト、激ハマリ!!!」
20150427082516

現状、バス用の物をそのままメバルに用いているのですが、ソルトシーンに横展開するにはどうしたら良いのか??仕様の最適化を模索しながら使用しています。

この先、製品化に至るかどうかはハッキリ言って分かりませんが、自分の一軍BOXにはコッソリ数ヶ月前から入っていた事だけお教えしておきますね♪

TOPで”ボシュッ”そんなメバルゲームがお好みの方には特にオススメですョ!!

今春のメバルはそろそろ終盤を迎え、シーズン締めのビッグワンを狙える時期に入ってきました。
残り少ないチャンスを活かすべく、ラストスパートを駆けて行きたいと思います。


タックルデータ

澤村氏タックルデータ

ロッド AbuGarcia SXAS-610LSS-KR KR-Xアジングカスタム
リール スピニング2000番HG
ライン フロロ2ポンド
ルアー フラッシュ J1”SWスリムロングタイプ(プロト)

小町タックルデータ

ロッド PALMS ELUA  Pinwheel PMGS-73
リール 10STELLA C2000S(SOM CUSTOM)
ライン YGK リアルデシテックス PE0.3号
リーダー YGKよつあみ フロロ 5lb
ルアー ウィールミノー65
アイウェア ストームライダー(ナイトカスタム)

関連商品