SALT FIELD REPORT

SALT FIELD REPORT > 2015 > 12月

2015年12月

ハドルミノーハード65SW&80SWで尺メバル爆釣レポート

フィッシュアローテスターの幸田氏より
ハドルミノーハード65SW&80SWで尺メバル爆釣レポートです。

SALT_FIELD_REPORT_121001

僕の住む南紀地方でいよいよデカメバルのシーズンが開幕してきたので
早速調査してきました。

当日の狙いは干潮2時間から上げ潮に変わった2時間の計4時間。

闇夜回りの干潮2時間前に目的の地磯に到着し辺りを見てみると
シャローに体長4〜6センチ程度の小魚が無数にいたので迷わず
ハドルミノーハード65SWをセットし手前のスリットへルアーをキャスト。
スローリトリーブで巻いてくると1投目から25センチ後半サイズがヒット。

SALT_FIELD_REPORT_121002

ベイトについてライズも時折あったので魚が完全に浮いると確信し、
その後もハドルミノーハード65SWで攻め続けました。
少し沖のシモリ回りを水面直下でリトリーブしていると猛烈なバイト!
このハドルミノーハードSWに関してはフックサイズがあがっているので、
しっかりとフッキングできますが強烈な引きだったので
慎重にやり取りをし何とかキャッチ!
そして計測するとプラグの自己新記録となる32センチでした。

SALT_FIELD_REPORT_121003

このハドルミノーハードSWは水面直下をナチュラルに引け巻きスピードで
レンジコントロールできるので今までスレて喰い渋った
デカメバルも思わずバイトしてくるのだと思います。

その後もハドルミノーハード80SWで30~31cmを数本キャッチ
この日は65SW&80SWで尺メバル含めて二桁釣果でした。

SALT_FIELD_REPORT_121004

まさにハドルミノーハードSWの水面直下で引ける性能とマッチザベイトで
パターンが成立した釣行でした。
このハドルミノーハードSWですが飛距離も十分でてレンジキープが
しやすいので
今後のメバル釣行に間違いなく活躍してくれると思います。

 


タックルデータ

ロッド ブラックスターTZ Tunde S66 (ゼスタ)
リール ヴァンキッシュ C2000HG (シマノ)
ライン リアルデシテックス 0.3号 (YGK)
リーダー Geso Xリーダー 2号 (YGK)
ルアー ハドルミノーハード 65SW クリアキャンディー( Fish Arrow)
ハドルミノーハード 65SW レッドチリシラス( Fish Arrow)
ハドルミノーハード 80SW キビナゴ( Fish Arrow)

関連商品