SALT FIELD REPORT

SALT FIELD REPORT > 2016 > 12月

2016年12月

ザ ストロングパワーベイトVol 116
「東京湾アジング編」

今回の模様は、2017年1月12日配信の
「THE STRONG POWER BAIT」Vol.116です。

本編動画を視聴

みなさん、こんにちは!!フィッシュアローテスター小町です。
「東京湾のアジはまだいけるのか!?」そんな、お題を掲げ、
ザストロングパワーベイトのロケを実施してきました。

dsc_0024

今回は、ボートアジングという事で、東京湾屈指のエキスパートでり、チームフィッシュアローの一員である、澤村さんのボートで出廷です。

ロケ当日の状況は、「コマチ君が来ると、海が荒れるんだよなぁ…」と、澤村キャプテンが嘆く通り、寒波到来&北風ビュービューの状況。必然的に風裏となるポイントのみ限定で、釣りを展開する事となりました。

この様な状況を客観的に見ると、「悪い日に当たってしまった。」と、思いがちですが、真冬の釣りですから、ベタ凪の方が珍しいと言えます。

だから、キャプテンの状況判断と悪条件を避けるポイント判断(スキル)が、釣果に直結するのです。「今回も、澤村キャプテンの判断は、冴え渡っていました!!」釣りの方は、デイゲームからスタート。先ずは、温排水の絡むポイントで、アジはアジでも、イトヒキアジを狙ってみる事に!!

dsc_0004

「イトヒキアジングですね♪」この魚がこの時期に居る事は、以前から、周知されていましたが、ちゃんと狙って釣ろうという試みは、メディア関連のロケでは、今回が初ではないでしょうか??「コレが、オモシロイんです♪」釣り方は、ジグヘッド+ワームのライトリグでただ引き、若しくは、ダート系のアグレッシブなアピールに好反応。

 

特に、ウィールヘッドと、フラッシュJの組み合わせは、大好物だった様で、終いには、爆バクモードに突入してしまいました。ファイトもトルクフルで、アジングタックルでスリリングなやり取りが楽しめましたよ。

dsc_0014

そうこうしているうちに、日も暮れ、いよいよ本命のアジングへ・・・澤村キャプテンがプラで見出していたエリアに点在する常夜灯を魚探でサーチし、怪しげな反応があるピンにルアーを撃ち込む。

そんな、スタイルで、釣りを展開していきます。ファーストヒットは縦ストに常夜灯が絡む、水深約12mの中層付近。

フラッシュJ1.5″スリムSWにジグヘッド2.0gを組み合わせ、ベイトフィッシュライクなアクションフォールでバイトを誘発すると、この時期特有のマルっと太った、良いアジが顔を見せてくれました。

 

その後も、このパターンでバイトが頻発し、何匹ものアジを追加。一気に寒さが吹き飛びました!!

dsc_0028

一方、澤村キャプテンは、フラッシャーワームに1.5~2.0gのジグヘッドを組み合わせ、ボトム付近をタイトに攻め、タフな状況を攻略。こちらも、見事にハマり、良型を連発されていました。

結果的に、自分と澤村さんは、異なるアプローチでパターンを導き出した訳ですが、そこへ至る思考、プロセス等は、アピスTV、ザストロングパワーベイトをご覧になって下さい。

放送開始は、1月中旬頃になるかと思います!!「東京湾アジング、まだ、終わらない!!」「終わらせない!!」以上でーっす(^^)b

今回のザ ストロングパワーベイトVol.116.本編は1月12日(第二木曜日)配信なのでお楽しみに!


タックルデータ

小町タックル

ロッド ピンウィール PTAGS-63(PALMS)
リール ステラ C2000S(シマノ)
ライン アンバーコード 0.3号(YGKよつあみ)
リーダー GP-Z 1.0号(YGKよつあみ)
ルアー フラッシュJスリム1.5″SW(フィッシュアロー)
ウィールヘッドSW(フィッシュアロー)

澤村タックル

ロッド プロトロッド(LEGIT DESIGN)
リール カーディフ C2000HGS(シマノ)
ライン アンバーコード 0.3号(YGKよつあみ)
リーダー アンバーコード FCリーダー 0.5号(YGKよつあみ)
ルアー フラッシャーワーム1″SW(フィッシュアロー)
ウィールヘッドSW(フィッシュアロー)

関連商品

2016年12月

南紀サーフゲーム

フィッシュアロー ソルトテスターの幸田樹典です。

僕の住むエリアでもっとも熱いのがサーフゲーム。

dscf5209

本来ならジグ、プラグですが今回はJH単体にフラッシュJシャッド4.5インチでのスイミング、そしてフラッシュJ4インチでのヘビダンでのワームの釣りで色々な魚種が今現在上がってます。

dscf5224

JHのスイミングの釣りではフラット狙いでやっている人もそれなりには居てると思いますが、ヘビダンは中々サーフではやらなかったと思います。が、このヘビダンは非常に簡単で基本投げてスローにただ巻きするのみ。シンカーがノックすることでワームが勝手にアクションしてくれるので基本ただ巻きでオッケー!

dscf5235

またフラッシュJシリーズは見た目はリアルそしてアルミ板でのフラッシングで魚も思わずバイトしてくれるので非常に良く釣れてフラット以外の魚もこのヘビダンへ食ってきます。

dscf5244 dscf5264

今回の釣行ではこのヘビダンでヒラメ、マゴチ以外にも85㎝6キロのヒラスズキもキャッチしました。

dscf5291

またスイミングでは連日60アップのヒラメ、そしてこれも連日のマダイもフラッシュJでキャッチしています。

dscf5296

これでまたサーフの釣りの幅が広がったと思います。

まだまだつれる魚は沢山あると思いますので今後もサーフでフラッシュJにて頑張っていきたいと思います。

 


タックルデータ

JH単体タックル

ロッド ブラックスター ハード S90HX (ゼスタ)プロト
リール エクスセンス BB4000HGS (シマノ)
ライン G-soul X8 1.2号 (YGKよつあみ)
リーダー ガリス キャストマン ナイロン 35ポンド FGノット (YGKよつあみ)
ワーム フラッシュJ シャッド 4.5″ SW ( Fish Arrow)
ジグヘッド ファイヤーヘッド 25g (カルティバ)

ヘビダンタックル

ロッド ブラックスター ハード S90HX (ゼスタ)プロト
リール エクスセンス BB4000HGS (シマノ)
ライン G-soul X8 1.2号 (YGKよつあみ)
リーダー ガリス キャストマン ナイロン 35ポンド FGノット (YGKよつあみ)
ワーム フラッシュJ 4″ SW ( Fish Arrow)
フック ストレートフック 2/0
シンカー 直リグシンカー 28g (カルティバ)

関連商品

2016年12月

ザ ストロングパワーベイトVol 115
「フラッシュJシャッドSWでのヒラメ釣行編」

今回の模様は、2016年12月8日配信の
「THE STRONG POWER BAIT」Vol.115です。

本編動画を視聴

spb115_salt_1

spb115_salt_2

今回のザ ストロングパワーベイトVol.115.本編は12月8日(第二木曜日)配信なのでお楽しみに!


関連商品

2016年12月

ボートタチウオ「船ワインド」フラッシュJで爆釣報告!

今回は大阪湾の遊漁船シーマジカルさんで、近海のタチウオを
ショア用のワインドタックルで手軽に出来る「船ワインド」や
シャクテン(シャクリテンヤ)と言われる釣法で、チャレンジ
してきました!

近海のタチウオをバーチカルワインド・シャクテン(シャクリテンヤ)と言われる釣法

ルアーはもちろんフラッシュヘッド+フラッシュJルミノーバ!
フックはテスト中のプロトフックを使用しています。
(普通のアシストフックでも可能です。)

釣り方としては、

  • ボトムまでフォールさせロッドを数回しゃくり、
  • ルアーをダートさせてからのステイでバイトを待ちます。
  • 数秒ステイさせたあとはまたしゃくってステイ。
  • それを数回繰り返し、またフォールさせます。

dsc_0077

バイトはステイ中に集中し、ドンッとわかりやすいのでとても面白いです。
是非皆様も試してみてください。

dsc_0010


タックルデータ

ロッド 7ft前後 ミディアムライト
リール ルビアス2500(ダイワ)
ライン G-soul アップグレード X4 0.6号 (YGKよつあみ)
リーダー FCアブソーバー スリム&ストロング 5号 (YGKよつあみ)
ワーム フラッシュJ SW ルミノーバシリーズ(フィッシュアロー)
ジグヘッド フラッシュヘッド18g・21g(プロト)
蓄光器 FA UVライト

関連商品