BASS FIELD REPORT

BASS FIELD REPORT

旧吉野川での夏釣り

フィッシュアローフィールドスタッフの山田です。
私のメインフィールドである旧吉野川での夏の釣りを紹介します。

8月ということで、暑い日が続き、水温も30度を超す状況が多い中、少しでも水温の低そうなシェードが絡む橋脚や、水門や岸に生える葦をメインに攻めていきます。

bass_repo_1
 
バスがフィーディングしてそうな流れや風が強く当たり、橋脚裏にできるヨレや反転流に、フラッシュ J3″、フォールシェイカー5.5″ ネコリグやノーシンカー、フラッシュJストレート5″ネコリグを丁寧にアプローチしていきます。

bass_repo_2_1bass_repo_3_2

使い方のポイントとしては、少し上流に投げて橋脚すれすれに流すドリフトです。ヨレや反転流を流す時はバイトチャンスなので、集中して流してもらえればいいと思います。旧吉野川だけでなく水位変動が大きいフィールドでは効果的ですので試してみてください。
 
太陽が傾いた時間帯では岸際にできる、ちょっとしたシェードが絡むゴロタ岩や杭をタイトにKOチャターウィードレス7グラムを使って釣っていきます。

bass_repo_3_1bass_repo_2_2

KOチャターウィードレスは、オフセットフックを採用しているので障害物回りでも引っかかることなくテンポよく攻めることができるので気に入っています。

障害物にコンタクトさせて使っている時にバイトが多くでるので、障害物から外れた時にチャター独特のイレギュラーアクションが、バスにスイッチを入れてくれるのだろうと思います。

bass_repo_4
 
まだまだ暑い日が続きますが、皆さんも水分補給などに気を付けて夏の釣りを楽しんでみてください。
また旧吉野川情報アップしたいと思います。
ありがとうございました。


タックルデータ

ロッド スピニング 65UL
リール 2000番 (シマノ)
ライン 3ポンド
ルアー フラッシュ J 3″ (フィッシュアロー)
フォールシェイカー 5.5″ (フィッシュアロー)
フラッシュ J ストレート5″ (フィッシュアロー)
フック スパインフック #3 (フィッシュアロー)
オフセットフック サイズ1
ロッド ベイトロッド MH
リール (シマノ)
ライン 14ポンド
ルアー KOチャターウィードレス (フィッシュアロー)

関連商品

ザ ストロングパワーベイトVol 132
「フラッシュJ スプリットでビッグバス 編」

久しぶりの登場栗真です!
今回のザストロングパワーベイトは4月初旬の津風呂湖ホームグラウンドである津風呂湖では絶対にハズすことのできないホームなだけにどれだけ釣ればいいの?ホームグラウンドすぎて逆に心配になるロケでした(笑)

DSC_6126

おまけに今年の津風呂湖はワカサギが少なくいまいちバスが浮いていない状況・・・

今年の津風呂は例年通りで言うミドスト、ピクピクなどの鉄板セオリーの春の釣りではなかなか釣れる状況では無い印象の津風呂湖でした。

そんな中僕が朝一、セレクトしたのは2018年新製品のフラッシュJスプリット7インチ!
3インチクラスのフラッシュJにはないサイズ感からくる波動の強さと強烈なフラッシングで強制的に沖に浮くプリのメスを仕留める作戦でした。

DSC_6149

風の当たり具合とベイトの入り具合を確認しフラットが続く岬の沖へキャスト・・・

いきなり「ドンッッ!!!」

強烈な引きと重さに一瞬何が起こったが解りませんでしたが、信頼のロッドGloomisとよつあみのドレッドラインが難なくバスの引きをいなしてくれて上がってきたのは、まさかの59.5センチ4キロクラス!!

DSC_6135

津風呂湖を愛してやまない男の経験と日頃の津風呂湖への愛が津風呂の神様に少し伝わったのかな?なんて思ってしまった展開でした(笑)

その後は通常営業の津風呂湖・・・
そんなに簡単に行くはずもなく気圧はどんどん上昇、晴天無風状態になりさらにバスが浮いてこない状況になってきたのでボトムに放置していてもポテンシャルを発揮できるフォールシェイカー5.5のJHWでのフィネス展開とFAホッグを使用したカバー撃ちでポロポロとナイスナイズを拾っていきました!

DSC_6160

この春特有のショートバイトとセレクティブなバスにはやはりゲーリー素材は強いですね!

ということで朝一にビッグバスを釣ってしまったので少し尻すぼみな展開になってしまいましたがこの時期の僕にしては上出来だった結果となりました。


タックルデータ

フラッシュJ スプリットタックル

ロッド GLX803JWR(Gloomis)
ライン ドレッドライン 16ポンド (YGKよつあみ)
ルアー フラッシュJ スプリット 7” Fecoモデル (フィッシュアロー)
アイウェア ストームライダー STR (愛眼)

FAホッグタックル

ロッド NRX804JWR(Gloomis)
ライン ドレッドライン 16ポンド(YGKよつあみ)
ルアー FAホッグ(フィッシュアロー)
アイウェア ストームライダー STR (愛眼)

関連商品

The Hitレポート「早春の合川ダム」編

今回のThe Hitは、早春の合川ダムに春爆を期待して行ってきました。(3月5日)

P3050231_

前日のプラクティスでは天気も良くぽかぽか陽気で水温が11℃と言う事もあり、見えバスがいっぱいでした。(クリアウォーターエリアが11℃で濁りのあるエリアが8℃くらい)

しかし、水がクリア過ぎることもあり、ルアーにはまったく興味を示さない天才バスばかりでした。ロケ当日は、朝から大雨予報だったので、雨パワーで天才の見えバスも口を使ってくれるだろうと簡単に考えていましたが、朝イチからは雨が降らず見えバスは天才のままでかなり苦戦のスタートとなりました。

それでも“春”最強のフラッシュJ 3″のミドストでグッドサイズの見えバスをサクッと釣ることが出来ました。

クリアな水の天才系の見えバスを釣るコツは、バスの目の前にルアーを持って行ってやる事です。バスの向いている方向がしっかりと分かる偏光サングラスとルアーに不自然な動きを与えないしなやかなラインは必須です。

偏光サングラスは、ストームライダーのマロンブラウンレンズが曇りや雨の日でも明るく見やすいのでオススメです。またラインはしなやかで根ズレに強いYGKよつあみのNウォーカードレッドラインの4Lbがオススメです。

またジグヘッドをフラッシュJの背中側を浅く刺す「浅刺し」をするのがミドストをするときのセッティングのコツでもあります。

その後、大雨になったにも関わらず、天才バスは一向に口を使ってくれずに大苦戦。また、大雨のためテレビカメラも故障し、午前の部が強制終了。長い昼休みを終えて、昼から釣り再開。

再開したころには、雨も小降りになっていたので春爆を期待したのですが、水もクリアのままでバスの反応に変化が見られず大苦戦。その上、雨が止んだタイミングで強風が吹き始め、ミドストが出来ない状態になったので、クリアウォーターの天才バスは、パスすることにしました。

P3050233

濁りのあるエリアは水温も低く8℃と冬と言った感じでしたが、カバーに付くバスをビビッドクルーズ150 Fecoを投げまくる作戦にすると厳しいながらもカバーに付くバスがビビッドクルーズ150に連続バイトしてくれました。

P3050240

今回の模様は、下記のThe Hitでご覧になれます。
「ザ ヒット放送スケジュール」
4月11日(水)22:00〜22:30(サンテレビ)
4月12日(木)8:00〜8:30(サンテレビ)
4月24日(火)22:00〜22:30(テレビ埼玉)
4月24日(火)25:25〜25:55(あいテレビ)


タックルデータ

フラッシュJ ミドスト タックル

ロッド ブラックレーベル 631ULFS(ダイワ)
リール イグジスト 2003(ダイワ)
ライン Nウォーカー ドレッドライン 4LB (YGKよつあみ)
ルアー フラッシュJ 3” ワカサギ/シルバー(フィッシュアロー)
ジグヘッド プラスマジック(デコイ)

ビビッドクルーズ150 タックル

ロッド スティーズ 701MHFB-SV フランカー(ダイワ)
リール タトゥーラ SV-TW(ダイワ)
ライン Nウォーカー ドレッドライン 16LB(YGKよつあみ)
ルアー ビビッドクルーズ150Feco Fチャートシャッド(フィッシュアロー)
FAネイルシンカー1.8g(フィッシュアロー)

関連商品

ザ ストロングパワーベイトVol 131
「早春の合川ダムで春爆 編」

今回のザ ストロングパワーベイトは、
早春の合川ダムで春爆を体験して来ました。 (ロケ日、3月1日)

「春爆!ビビッドクルーズ祭り!デカバス連発バイトシーン集」

P3010210

前日の雨で水温が10℃に達するだろうと思い、朝から春爆を期待していたのですが、雨の量が多かったようで水量&濁りがきつく、かなり厳しい状況でした。水温は10℃になったけど季節は冬と言った感じで、午前中で釣りを辞めて帰る方までいる厳しい状況でした。

私も昼前までノーフィッシュとお手上げ状態でしたが、昼から水量が落ち着き始めてからバスが上流に差し始めたのを見逃しませんでした。こう言った時に活躍するのがスイムベイトのビビッドクルーズになります。

P3010183

これは、川から落ちてくるエサにアマゴなどの大型のベイトフィッシュが集まり、それをビッグバスが狙いに集まるタイミングなので、スイムベイトが効くのだと思っています。

またこの時期のバスはバイトが下手なうえ、威嚇バイトも多いので、マグネットでダブルフックが外付けされているビビッドクルーズは、フッキングが良くオススメです。また濁りの中でもボディ全体でしっかりとアクションするビビッドクルーズは、アピール力もあるので、ビッグバス祭りの大本命ルアーになります。

img_0839

この時のタックルですが、7フィート前後のミディアムヘビーロッドにベイトリール、そしてフロロの16LBが基本的なタックルになります。中でもラインは重要で、飛距離が必要なのと、またルアーが丸呑みされる事も多いので、しなやかで根ズレに強いNウォーカードレッドライン16LBがベストだと言えます。

P3010194

昼から水量が落ち着いたのでネイルシンカー1.8gを2本入れて流れの中を通す事が出来ましたが、午前中のように水量が多い場合は、スイムベイトシンカー(5g、7g、10g、14g、20g)などで対応することで、激流にいるビッグバスの目の前にルアーを持って行くことが出来ます。

P3010205

ビビッドクルーズの使い方ですが、投げて巻くだけ!!
誰が使っても同じアクションなので、同じように釣れると思うのですが、何故か釣果に差が出るのもスイムベイトの面白い所です。

大事なのは、飛距離と信じてキャストし続けることだと思います。

夕方になり、バスもかなり浮いている感じだったので、浮くシャッドテールワームのエアバッグシャッド5.5″のサスペンドチューンにチェンジ。このルアーは6/0のオフセットフックにワイヤーシンカーを巻いてサスペンドにチューンすることが出来るシャッドテールワームになります。

img_0737

サスペンドにすることで、水中で止めて!バスに見せて!喰う間を与えてやることが出来ます。またオフセットフックなので、スイムベイトに比べてキャッチ率は落ちますが、障害物回避が高いので、障害物に絡めて使うことも出来ます。

P3010219

この日は、いつも使っているロクマルフックが無かったので、他メーカーの物を使っていたのですが、バラシまくってしまいました。それでもバスがルアーにアタックしてくる丸見えバイトシーンが連発だったのでエキサイティングでした。

 

今回のザ ストロングパワーベイトVol.131.本編は4月12日(第二木曜日)配信です
お楽しみに!


タックルデータ

ビビッドクルーズタックル

ロッド スティーズ 701MHFB-SV フランカー(ダイワ)
リール ジリオン SV-TW 1016SV-SH(ダイワ)
ライン Nウォーカー ドレッドライン 16LB (YGKよつあみ)
ルアー ビビッドクルーズ150 Fecoモデル (フィッシュアロー)
FAネイルシンカー 1.8g ×2本(フィッシュアロー)

エアバッグシャッド5.5”タックル

ロッド スティーズ 701MHFB-SV フランカー(ダイワ)
リール タトゥーラ SV-TW(ダイワ)
ライン Nウォーカー ドレッドライン 16LB(YGKよつあみ)
ルアー エアバッグシャッド5.5” サスペンドチューン(フィッシュアロー)
ワイヤーシンカー(フィッシュアロー)
ロクマルフック(デコイ)

関連商品