フィッシュアロー公式ブログ

フィッシュアロー公式ブログ

スイミングジグ+エアバッグシャッド5.5″。

琵琶湖で定番のスイミングジグ。

トレーラーとしてシャッドテールワームをセットして使うのが一般的ですが、「エアバッグシャッド」を使うことでより一定層をスローに引くことができます。

これは、エアバッグシャッドのボディが中空なので、浮力があるためで、今までのシャッドテールワームとは、明らかに違うそうです。

特にウィードの上をスローに引くことが出来るので、これからの時期良いと思います。

また、間も無く発売予定の「エアバッグシャッド5.5インチ」は、スイミングジグのトレーラーとして丁度良いボリュームになります。

昨日、栗真くん達は琵琶湖でスイミングジグ+エアバッグシャッド5.5"(プロト)でロクマルと57cmのビッグバスが釣れたそうです。

「エアバッグシャッド5.5″」は、今月中には発売されるので、一度試してみて下さい!