フィッシュアロー公式ブログ

フィッシュアロー公式ブログ

レアルアー⁈

ウイングダックスくんの耳の大きさも決定。
数量も数量なので、私の内職決定。
初回生産分は私の内職の耳の付いた超レアなルアーになるかも?


ホバストとミドストの違い!

ホバストとミドストの違い!

ホバストとミドストの違いを簡単に説明するとミドストはジグヘッドを使い、ホバストはジグヘッドには無い軽いウエイトを使った中層スイミングと言った感じ。(ホバストはジグフック(スパインフック)にネイルシンカー0.5g以下)

バス用のジグヘッドの場合、最低ウエイトが殆ど0.6gなので、0.6gを基準に、それ以上ならミドスト、それより軽いウエイトを使うならホバストと言った感じになります。

基本的には、狙っているバスは同じで、ベイトフィッシュを意識していて、横の動きに反応するバス。

ミドストの方が水深をコントロールしやすく使うシチュエーションが多いのですが、激スレのバスは少しでも早く動くルアーには、反応しにくく、それらに口を使わす手段として産まれたのがよりスローに誘えるホバストになります。

かなりスローに誘える一方、バスに見切られやすかったり、一投に時間が掛かったりと言ったデメリットもあります。

つまり、レンジコントロールしやすいミドストと見せて喰わすホバストを使い分けることでより多くのバスを効率よく釣ることが出来ると言う事になります。

ちなみに私の感覚ではミドストのロッドアクションは大きめ!ホバストは細かく!と言った感じです。

どちらも練習が必要なテクニックなので、是非「SPB Tube Vol.7 山岡プロから学ぶ ホバストの基本!」を観て頂いて、チャレンジしてみて下さい。


フラッシュJシャッド4インチプラスでマゴチ!

テスターの石井さんからの釣果報告。
フラッシュJシャッド4インチプラスでマゴチを!


ファイヤーオーロラ120の有効性。

リブレハンドルマニアの今永くんからの報告。
先日2日間玄界灘でタイラバを巻き倒してきました。
水深約100m、ドテラ流しなので、200g前後のヘビーウエイトのヘッドを使っても放出されるラインは200m以上になることも。
そんな中、2日間腕への負担を最小限にしっかり巻けるロング&大型ノブ仕様の『ファイヤーオーロラ120』『ライトアーム65』に今回も助けられました。
ディープタイラバには必須アイテムになりそうですね😊
また、発売されたばかりのライトアーム65はスーパーライトジギングやライトジギング、ショアジギング、イカメタルやオモリグなどこれからの時期出番が多そうです♪


テスターの石井さんからの釣果報告。

テスターの石井さんからの釣果報告。

朝からの雨の増水と濁りの恩恵でヒラスズキを中村くんとフラッシュJ3インチ等で狙ってきましたが、まだ水温低く入ってきてないようなので

フラット狙いに切り替えました。

しばらくはフラッシュJシャッド4プラスのピンクとイワシを投げ続きましたが、当たりなく……

フラッシュJシャッド4.5インチのイナッコに変えると風のなか微かな当たり🎯

上がってきたのは53センチのマゴチ。

その後カラーチェンジしてオレンジに変えると引ったくってくようなバイト‼

最初、ヒラメかと思うような引きをしてましたが揚がると同じサイズのマゴチでした。


フラッシュJアバロン3インチのホバスト炸裂!!

フラッシュJアバロン3インチのホバスト炸裂!!

やっとベストなセッティングが分かった!

発売までには、動画でしっかりと解説したいと思います。

発売までは、元祖ホバストフック⁈のスパインフックにフラッシュJシリーズでホバストやってみて下さい。

オススメは、フラッシュJ3インチとフラッシュJスプリット4インチです。


金森くん、ありがとう!!

「バスフィッシングに遊び心を!」がコンセプトのウイングダックスくんの羽根の最終テスト。

色々と羽根を替えてテストをして来ましたが、デカダッジの羽根が最高に完成度が高い。

スローリトリーブからファーストリトリーブ、そして何よりもカシャカシャとなる音、この羽根を超えるのは難しいと判断。

デカダッジの羽根をウイングダックスくんに使わせて欲しいと金森くんに聞いてもらうとOKが出た。

これで可愛くて使えるビッグジョイントクローラーベイトが完成です。

金森くん、ありがとう!!


カスタムだからこそ、純正以上の性能を追求していく

今月号のルアマガでDRTの白川さんがバリアルハンドルについて語っています。

「カスタムだからこそ、純正以上の性能を追求していく」

やっぱり白川さんの考え方はカッコいいですよね。

ビッグベイトを多用する白川さんがハンドルに求めたのがナット1本で左右のブレが完全にないセンターを出すことが出来るリブレさんの"センターナット方式"。

また、あえてカーボンハンドルよりも重量のある"超々ジュラルミンアーム"を採用したのは、負荷の掛かるビッグベイトをトルクロスさせること無く、また感度の良さも求めたため。(金属的感度の良さ)

カラーリングとデザイン、そして着替えるように付け替えられるノブは、他社とは一線を画しています。

バリアルハンドルが人気なのが納得ですよね。

フィッシュアロー×リブレコラボの「ファイヤーオーロラ100」もリブレさんの"センターナット方式"(バリアルのセンターナットと共通)と"超々ジュラルミンアーム"(フェザー100)、そしてリブレさんの技術力でもある"肉薄中空チタンノブ"(EF30)なので軽くて剛性のある感度抜群のカスタムハンドルになります。

すでに注文殺到で足りない状況が予想されますが、5月の発売を楽しみにしていて下さい。


16匹目!!

テスターの幸田くんからの釣果報告。

ベイトフィネスでサツキマス🎣

🆕リールrevoウルトラキャストbf8🎣

軽量ルアーでも飛ぶ✖️2😁

ベイトが小さかったので今日はスリーショット65がハマった👍

マッチ・ザ ・ベイト!!

今シーズン16匹目!

#fisharrow #フィッシュアロー #フィッシュアロー20周年 #フラッシュj #スリーショット65 #サツキマス


フラッシュJシリーズの威力。

テスターの池田ゆうちゃんからの釣果報告

東伊豆のゴロタエリアのメバルゲームで、フラッシュJが活躍中!

もう少しで尺のグッドサイズも炸裂中です!

是非メバルゲームでフラッシュJの威力を体感してみてください。