フィッシュアロー公式ブログ

フィッシュアロー公式ブログ

フラッシュ Jでヒラスズキ連発!

ハードルアーを通した後でもフラッシュ J 4″SWでヒラスズキを連発!

ルアーのポテンシャルを感じました!と佐藤弘行さんから報告を頂きました。

佐藤さん、写真ありがとうございます。


鹿児島でもブラックシリーズは有効。

鹿児島のディープエリアでもブラックシリーズが非常に有効だそうです。とタイラバの凄いメンバーから写真を頂きました。

左からタイラバの神様、中井船長さんにトップスジャパンの森船長さんにポイント鹿児島与次郎店の冨永店長さんにダイワの古谷さんに戸出くん。

写真ありがとうございます!


フラットフィッシュにはフラッシュ Jシャッド。

角田さんからの釣果報告。

フラットフィッシュにはフラッシュJシャッド。

アルミホイルのパワー間違いなし!


小気味良いバイブレーションのミニフラッシュバイブヘッド。

ジグ単とは違う小気味良いバイブレーションがしっかりとロッドに伝わるミニフラッシュバイブヘッド5g。(プロト)

飛距離、レンジキープ力、魚をひきつけるパワー、そしてスレずに釣れ続くナチュラル波動は、まさにテッパンバイブ(メタルバイブ)とワームの良い所どりの究極のルアーだと言えます。

日曜日、フィッシュアローの守谷くんはキジハタとメバルを!

あらゆるフィッシュイーターが釣れるフラッシュ Jがバイブレーションするので、あらゆるフィッシュイーターが釣れて当たり前です!


フォーリングがデカメバルを釣る秘訣⁈

テスターの澤村さんと小町くんが東京湾ボートメバルに!

澤村さんは、フラッシュ Jカーリー2″SWのフォーリングで、小町くんはフラッシュ J 1″SWのフォーリングでグッドサイズのメバルが集中したそうです。

フォーリングがデカメバルを釣る秘訣⁈


メバル春爆!

テスターの小町くんからレポートが届きました。

東京湾JAWSガイドサービスさんにお世話になり、

メバル便へ。

ジグ単での巻きの釣りには、フラッシュJ1インチとコマチヘッド3gをチョイス。深いバイトレンジを的確に捉える事ができました。

一方、常夜灯回りで、水面付近に生命感を感じる様なポイントでは、ハドルミノーハード80SWのデッドスローで水面炸裂を堪能。自分の周囲には、ハドルミノーハードフリークが多いのですが、同船の柿内さんも、水面炸裂を楽しんでいました。

更に、今回シーズンから新たに取り入れたベイトフィネスタックルには、3/32ozのフリリグをセット。

ストラクチャー際へのタイトフォールで巻きには反応しない個体も的確に捕る事ができました。

上記をシチュエーション別に展開する事で、メバルの春爆をエンジョイできました。


初バス!

テスターの野崎さんの2019年の初バスは、フラッシュ Jシラウオ3″のダウンショット。

極薄ボディなので、ディープ攻略も得意!

続けて2匹目も10mのディープでキャッチ!

今年初バスを釣られていない方は、是非フラッシュ Jシラウオ3″使ってみてください!


カマスの最終兵器!

テッパンバイブ並みの飛距離にレンジキープ力。

そしてフラッシュ Jならではのフラッシングとナチュラル波動。

スレている魚がスレずに釣れ続く究極のサーチベイトのミニフラッシュバイブヘッド5g。

ボリューム的にもカマスの最終兵器になりそうです!


ボートエギングで「フリリグシンカー タングステン」がブームの予感。

ボートエギングで「フリリグシンカータングステン」が非常に良い感じだとヤマラッピさんから報告が!

「フリリグシンカー タングステン」は、ウエイトが細かくあるうえ、56gまであるので状況に合わせやすいそうです。

また、タングステンシンカーとしては最安値なのもオススメです。


バッスルフロッグで2番目にデカいマーレーコッド捕獲。

楠本くん監修のリトリーブで広範囲に探れるブレード付きフロッグの「バッスルフロッグ」。

実は、2番目にデカいマーレーコッドは、バッスルフロッグで捕獲したそうです。

GoProで撮影した映像もあるそうなので、後日アップします!

バッスルフロッグとマキシフロッグは、フィッシュアローから5月発売予定です。