フィッシュアロー公式ブログ

フィッシュアロー公式ブログ

深江プロ4位で準決勝進出!

バスマスターエリートシリーズ サビン戦2日目

深江プロが見せてくれました!

5フィッシュ 14lb10oz

トータル 22lb10ozで

4位に大幅ジャンプアップ!

準決勝進出です!

©︎B.A.S.S, LLC


ロクマルPOP

先日リューギの宇田くんがメジャーリバー紀ノ川でフラッシュJスプリット5”を使って釣ってくれた62.5cmをPOPにしました。

ラインスルーセッティングの作り方など載っていますので、是非参考にしてみてください。

栗真くんの津風呂湖での59.5cm・今回の62.5cmフラッシュJスプリット5”&7”はデカバスが反応する何かがあるのかも….

60


イベント情報

今週の土曜日6/9 はキャスティング福岡店さんで、

みっぴ&マスオ鯛ラバトークショーが開催されます。(トークショーは13:00から)

フィッシュアローも参加することになったので、

今各地で釣れている「フラッシング鯛ラバ」アイテムを展示させてもらいます。

さらにフィッシュアローアイテムご購入の方にステッカープレゼントをさせて頂きます。

今週末は是非キャスティング福岡店さんへお越しください。

castingnet_event


ブーム間違いなしの新リグ「フリキャロ」。

「フラッシュ J」をナブラに投げ入れることができれば釣れると思いませんか?

そんなジグなみの飛距離で投げ入れることができるのが、新リグの「フリキャロ」になります。

ベイトフィッシュなみのリアルなフラッシュ Jだから特に有効なリグだとも言えます。

その上、ワームなのでタダ巻きでもアクションしてくれるので初心者の方でも釣れるお助けリグになると思います。

つまり、ジグの飛距離+フラッシュ Jのリアルさ=「フリキャロ」。

そりゃ釣れるでしょう!と言った感じです。

「フリキャロ」は、「フリリグシンカータングステン」と言う飛距離抜群のタングステンシンカーと「フラッシュ J」が合わさって成立するショアジグに並ぶブーム間違いなしの新リグになると思います。

ショアからキャスティング意外でもメリットいっぱいの新リグなので、メリットは後日詳しく説明していきたいと思います。

とりあえず、どんなシーンで活躍するのかをまとめたのが黄色のPOPになります。

テスターからの報告をみても、あらゆる釣りに対応する「フリキャロ」。

今までになかった新リグなので、是非皆さんもいち早くお試し下さい。


ソフトベイトのナブラ撃ち!

ソフトベイトをナブラに投げ入れることが出来れば、絶対に釣れるだろう!と思ったことがありませんか?

昨日、石井さん西原さん中村さん達は、ナブラにビビッドクルーズSWを撃ち込んで、ブリやワラサを爆釣!(40本以上釣られたようです。)

ナブラでも喰うルアーと喰わないルアーを改めて感じ、ソフトベイトのナブラ撃ちの可能性を感じたそうです。


NEWリグ【フリキャロ】炸裂‼

   テスターの澤村さんからNEWリグ【フリキャロ】が炸裂したとの報告が。

シーバスガイドSTRIKERの水谷CAP・早川CAPの3人でテスト釣行へ。 フリリグシンカーのアイにラインを通す事により魚に違和感を与えにくいリグ。

リグの方法はキャロと同じだがキャロシンカーに比べると糸の接地面積が少ないので フリキャロのほうが感度が良く、同じウェイトでもフリリグシンカーのほうが 沈下スピードが断然早い。 私はMaria ゼロヘッド ドリフトを使用してボトムでノーシンカーっぽくフワフワと演出。 メインラインにほぼ直結状態なのでアタリは明確にコンッ!と入る。  シンカーの重さがアジに伝わるとすぐに吐き出してしまうのでそういう意味でもとても有効。 アクションを入れて誘発、ボトムを取ってからタダ巻きなどなど色々な攻め方が出来るのもフリキャロの面白いところ。 手返しもよく、レンジも色々探れるので便利です。 シンカーストッパーを使って自在にリーダーを調整出来るシステムも可能です。

フリキャロ、アジングでも有効なリグだと思います 絶好調な横浜デイアジングをしてみませんか。 STRIKERさんならデイアジングからナイトアジングまで 楽しいアジングをご案内してくれますよ〜。 o3926253714202732546

o3861219214202732496

o3864231014202732541

o3931281314202732521

o3931277914202732504

o2946353814202732512

o3711274014202732515

 


フリリグの有効性。

大阪湾アコウゲームで活躍のフリリグ。

小町くんがその有効性を書いてくれました。

釣り方は、今や定番と化した、フリリグ!!

このリグに、フラッシュJグラブ4.5インチや、フラット3.5インチを組み合わせてゲームを組み立てました。

フリリグの特徴は、飛距離がバツグン&根掛かりが少ない。

ってのは、周知のところ。

さらに、、、

自分的には、もう一点、超重要視している特徴があります。

それは、”誘いピッチの細かさ”です。

フリリグは、円筒状のシンカーをラインに直接スルーホールさせるリグですので、他のリグと比較すると、リフト時、力のベクトルが上方向に働き易い特徴を持ちます。

例えば、テキサスリグと比較した場合、同じアクション入力で、より、リフト量(高さ)を稼ぐ事ができます。

移動距離を抑えた、細かいピッチでのアクションが得意なリグなのです。

ターゲットが、補食を繰り返すバイタルなスポットにおいて、細かいピッチでリフト&フォールを繰り返すということは、すなわち、バイトチャンスが増すといったロジックが成り立ちます!

釣果に直結するところなので、何を差し置いても拘りたい。フリリグの真髄とも言うべき、ポイントですね。

イメージは、甲殻類が石積をゴソゴソと移動する感じでOK♪♪

リフト&フォールの軌道変化がいわゆる”喰わせの間”になるので、アクションを止めないのが、キーポイントだと自分は考えます。

シンカーは、専用のフリリグシンカーを使用するのが、ベスト!!

未体験の方は、是非試してみてね(^_-)b


大阪湾アコウシーズン開幕!

大阪湾のアコウシーズンが開幕!

テスターの小町くんと奥田くんが土曜日、大阪湾のアコウ釣りを堪能。

フラッシュ Jフラット3.5″SWやフラッシュ Jグラブ4.5″SWの「フリリグ」でグッドサイズのアコウをキャッチ!

日曜日もフリリグでアコウキャッチ!


フリリグシンカーで真鯛。

山形、庄内の縮(ちぢみ)さんからの報告。

NEWサイズのフリリグシンカー2oz(56g)で真鯛や根魚を。

タイラバヘッドとは違う水流やボトム感知能力に可能性を感じたそうです。

これからブームの予感が!


紀ノ川でロクマル。

土曜日、リュウギの宇田くんが紀ノ川でフラッシュ Jスプリット5″のラインスルータイプ(ピアストレブル)で62.5cmのビッグバスをキャッチ。

紀ノ川のロクマルは、凄すぎです。

宇田くん、おめでとう。