フィッシュアロー公式ブログ

フィッシュアロー公式ブログ

水の中は、春です。

一昨日、昨日とロケをしたのは、和歌山県の七川ダム。 一昨日は、ポカポカ陽気の晴れで水温が9.8℃~11℃と見えバスもちらほら。 朝イチは、ビビッドクルーズ150トーナメントモデルで2連発。 日が上がってからは、少し沈めてフラッシュ Jのミドストで3連発。 さすがにこれ以上釣ると明日魚が釣れない可能性があるので、2時に早上がり。 3時頃に気になるエリアをチェックすると10匹近く見えバスがいたので、明日は暖かい雨予報なので春爆だろうと思っていました。 そして昨日、朝から暖かい豪雨なので春爆間違いなし!とコメントを撮ってスタート。 開始すぐにビビッドクルーズにショートバイト。 イレグイ間違いなしと思いながらキャストを続けていたのですが、何故かノーバイト。 とりあえずバックウォーターに行ってみると激濁りの激流入量。 ビビッドクルーズをキャストしながら最上流まで行くもノーバイト。 2つ目のバックウォーターも同じくノーバイト。 じゃあ支流や小さな流れ込みなどをチェック。 しかし、こちらもノーバイト。 仕方がないので、最終兵器のフラッシュ Jのミドストでじっくりと狙うことに! しかし、こちらもノーバイト。 お昼にボート屋さんに戻ると昨日より3メートル増水しているとのこと。(昼からも2メートル近く増水するとのこと。) つまり雨が降り過ぎて急激に増水して、バスが増水に対応出来ていない事が判明。 こうなるとエリアも広くなるうえ、水深も深くなり、そのうえ濁りで釣りづらくなってしまいます。 そのうえ、バスの活性も落ちている可能性も。 さすがに釣れる気がしませんでしたが、フラッシュ Jとビビッドクルーズを信じてキャストを続けているとフラッシュ Jのミドストに奇跡的にヒット。(再現性なし) ロケのボツが無くなったので、後は魅せるだけと言うことでビビッドクルーズで1発狙い。 良いエリアを見つけビビッドクルーズで連発。 後はアイちゃんに釣ってもらうだけなので二人で共同作業? しっかりとビビッドクルーズ150でグッドサイズ捕獲。 増水時にどう言ったエリアで釣れたのかとアイちゃんとの共同作業は是非観て欲しいと思います。 The Hitは、3月15日放送予定です。 10℃を境に確実に水の中は、春を意識した動きになります。 ここ15年ぐらい毎年、春爆を経験しているので、この時期リザーバーの春バスは、ベイトフィッシュを意識した中層系のフラッシュ Jとビビッドクルーズが最強のルアーだと断言出来ます。 この2つのルアーを使いこなす事で誰でも春爆を経験することが出来ると思うので、使ってみて下さい。

DSC_557375


何とかなりました。

今日は、恵みの雨パワーで春爆間違いなしだと思っていましたが、2時までノーフィッシュ。 3メートル増水は、マジできつかったです。 全く釣れる気がしませんでしたが、フラッシュ Jとビビッドクルーズを信じて投げきり、1箇所良いエリアを見つけ、何とかフラッシュ Jとビビッドクルーズで連発。 そしてアイちゃんまでもがビビッドクルーズで40アップ。(丸飲み!!) 春爆も楽しいですが、厳しい時の1匹も忘れられない1匹になるので、やっぱりバスフィッシングは、面白いなぁと改めて思いました。 放送をお楽しみに!

The Hitロケ。

今日は、The Hitロケ。 ビビッドクルーズで春爆のはずが、3メートルの増水で違う湖に! そのうえ、激濁り。 マジでノーフィッシュの可能性が高いです。 やっぱりバス釣りは難しいです。

神ルアーで50アップ。

神ルアーのフラッシュ J+ウィールヘッドで50アップ。 本当にフラッシュ Jは、凄いルアーです。 また、ペラ付きジグヘッドのウィールヘッドは初心者の方でも簡単にミドストが出来るので、オススメです。 明日は、同じフィールドでザ ヒットロケなので、明日のことを考えて今日は、早上がりです。 皆さん、フィールドは春ですよ!  

神ルアーでも連発。

フラッシュ J+ウィールヘッドのミドストでグッドサイズ連発。 やっぱりフラッシュ Jは、神ルアーです。 春爆!!

ビビッドクルーズで連発。

今日は、ザ ストロングパワーベイトロケ。 朝からビビッドクルーズ 150 トーナメントモデルで2連発。 やっぱりフラッシュ Jとビビッドクルーズは、神ルアーです。

初釣りでボーズはイヤだから。

初釣りでボーズはイヤだからサクッとフラッシュ J 3″+ウィールヘッドのミドストで40アップ。 やっぱりこの時期のフラッシュ Jは、神ルアーです。

初バス釣り。

今年初めてのバス釣り。 ビビッドクルーズ170のフックなしバージョンでバスのいるエリアをチェック中。 2バイト2チェイス! 何となくバスのいる位置やバスの状態も分かったので、明日からのロケで思いっきり釣りたいと思います。

今週末は、北陸フィッシングフェスタと群馬フィッシングショーです。

今週末の日曜日(26日)は、北陸フィッシングフェスタと群馬フィッシングショーです。
北陸フィッシングフェスタには、松本も参加します。
また、どちらのフィッシングショーでも先着400名様にカタログとカニ型ワームのサンプルをプレゼントします。
是非フィッシュアローブースに起こし下さい。

DSC_5491

top_bnr_hokurikufishingfesta2017

top_bnr_2017gunma


今年のタチウオは、フック革命。

1487372870722

昨年、タチウオ釣りに革命を起こした世界一光るグロー素材のルミノーバシリーズ。
そして今年は、フックで革命を起こします。


タチウオワインドで重要なのがフックセッティングとフッキング率。
ワインドと言えば、トレブルフックをワームのボディに刺し、そのトレブルフックにアシストフックをセットするのが一般的ですが、ワームを真っ直ぐにセットするのが、意外と難しかったり、またアシストフックをつけるのがめんどくさかったりします。

DSC_5506
そんなタチウオワインドに革命を起こすのが、”ワインドタチフック”になります。
まず真っ直ぐに刺せない理由としては、トレブルフックをボディに刺す時にワームをくの字に曲げて刺さなければならないからです。


少しでも歪んでセットしていると、どちらかに反れるので釣果が落ちてしまいます。
次にアシストフックですが、何匹か釣っている内にグラグラして来て、知らないうちに曲がっていたりして、フッキングしないこともしばしばあります。

私は、1匹でも多く釣りたいので、5、6匹釣ったらアシストフックを交換するようにしています。(アシストフックは、いつも箱買いです。)
そんなタチウオワインドに革命を起こすのが、セッティングが簡単で、アシストフックいらずの”ワインドタチフック”になります。


このフックは、ツインキーパーをボディに刺すタイプなので、誰でも簡単に真っ直ぐにセッティングが可能です。(ツインキーパーなので、倒れ込むこともありません。)
また、フラッシュ Jのアルミホイルをまたぐ様にセットするので耐久性もアップする優れ物です。


また、アシストフックいらずのフック形状は、フッキング時のパワーロスやズレてフッキングロスと言ったことがありません。

1479097653459

昨年の近海ボートワインドロケの時も大活躍でしたが、

先週も幸田くんが陸っぱりからワインドタチフックでタチウオを連発でした。

1487372881893

1487372884676

幸田くんもフッキング率が良いのと何よりもフラッシュ Jの持ち(壊れにくい)がめちゃくちゃ良いですねとのことでした。
フラッシュ ヘッドの交換用フックとして夏頃発売する予定なので、楽しみにしていて下さい。


1 / 11712345...102030...最後 »