フィッシュアロー公式ブログ

フィッシュアロー公式ブログ

革命的なワインドタチフック。

DSC_5778 DSC_5837 DSC_5839

 

フラッシュ J専用のフラッシュヘッドにベストマッチな革命的フックの「ワインドタチフック」!
タチウオワインドで一番最初にしなければいけないのがアシストフックの取り付けとフックが
真っ直ぐにセットされているかの”真っ直ぐセッティング”のチェック。

(真っ直ぐセッティングが出来ていなければ、片寄ってダートするため本来のワインド効果が発揮されません。)
チェックするためには、チョイ投げして早巻きで真っ直ぐにルアーが戻って来るのかを目視でチェックしなければいけません。

意外と夜にチェックするのは難しく、良く釣る方は明るい内にセッティングして夜に備えたりします。
このアシストフックの取り付けと真っ直ぐセッティングのチェックを不要にしたのが、”ワインドタチフック”になります。
アルミホイルをまたぐ様にツインキーパーをセットするだけで、誰でも簡単に真っ直ぐセッティングが出来ます。
そのうえ、フックをボディに刺すよりもツインキーパーの方が耐久性もアップするのでとても経済的です。

タチウオシーズンに間に合う様に7月発売予定で、3本入りで600円(税別)です。
今年のタチウオワインドは、ルミノーバシリーズとワインドタチフックで爆釣間違いなしです。
タチウオシーズンを楽しみにしていて下さい。


今年は、ブルールミノーバで決まりです!

DSC_5776 DSC_5834

 

昨年、タチウオ釣りで革命を起こしたルミノーバシリーズ。
圧倒的な明るさでタチウオが釣れると瞬く間にブームに。
特に売れたのが、ルミノーバグローと言うグリーンに光るルミノーバなのですが、
今年は、グリーンルミノーバにも負けない明るさのブルールに光るブルーミノーバが発売されます。
7月発売予定なので、楽しみにしていて下さい。


究極のハードプラグ!

メバルで密かに流行っているハドルミノーハード。 究極のテールでもあるハドルテールがスローリトリーブからファーストリトリーブでもバランスを崩すことなく、しっかりとアクションします。 このアクションもボディは、振らずにテールだけが左右に動く魚本来のナチュラルなアクションなので、ハドルミノーハードは、究極のハードプラグとも言えます。 昨夜は、幸田くんがハドルミノーハード65 SWでアジを釣っています。 究極のナチュラルアクションのハドルミノーハードだからアジも釣れちゃいます。 一度使って頂ければ、良さはきっと分かると思います。  

ソルストの表紙に!

池田雄一郎さんがフラッシュJシャッドSWで釣ったヒラメがSALT&STREAMの表紙をかざっています。

誌面でも池田流のフラットフィッシュのベイトパターン&サーフ攻略法を書いてくれているので、

是非参考にしてみてください。

 

DSC_0366 DSC_0368 DSC_0371


メガバスさんのオススメ。

メガバスさんのオススメは、ポップXとポップマックスの魚矢限定カラーです。 焼き鳥カラーと火の鳥カラーみたいです。  

タナハシさんのオススメ。

タナハシさんのオススメは、楠本くんも使っているシステムキャリーセットです。 ドカットなどに付けるシステムキャリーセットで、持ち運びがとても楽になります。 防波堤などでは、とても便利です。 また、船などで使う時には、ワンタッチで取り外しも出来るので邪魔になりません。 また、ロッドホルダーやドリンクホルダーなども付けるとさらに便利です。 タナハシさんは、便利グッズばかりのメーカーさんです。

売り出し2日目。

売り出し2日目。 今日は、時間があるので各メーカーさんのオススメを紹介したいと思います。 まずは、ハヤブサさんのオススメ。 船タチウオ定番の魚矢コラボの”極みテンヤ”は、ヘッド下側のラメが特長の釣れ釣れのテンヤです。 その極みテンヤに全体がラメラメの全ラメが追加されます。 全ムラ、全キン、全アカの3色が追加されるのですが、菊地くんも全ムラは、ムラムラするそうです。

売り出し初日。

今日と明日は、魚矢の売り出し。 フィッシュアローブースでは、バスにソルトにと売れ筋商品がいっぱいです。 今日は、バスルアーを紹介。 今回の初受注は、ゼンマイで動くトップウォーターのモーターシャッドにニューカラー6色が追加されます。一点でバタバタとアクションするモーターシャッドは、今流行りの究極のデッドスローベイトでもあります。 かなり良いカラーばかりラインナップしたので、注文よろしくお願いします。(6月発売予定です。) 次にネコリグ専用設計のフラッシュ Jストレート5″。 通常のフラッシュ Jよりも薄いアルミホイルがボディいっぱいに入っています。 水押し力とフラッシング力は、マックス級のワームだと言えるので、濁った野池や琵琶湖で活躍すると思います。 今まで釣っていなかった新しいバスが釣れる新しいワームだと言えるので注文よろしくお願いします。(4月発売予定です。) 次にビビッドクルーズ115 トーナメントモデル。 今年もはやくもウイニングルアーになったビビッドクルーズの最小サイズです。 115mmと言う大きさなので、シャッドテールワームでも良いのでは?と思うアングラーもいると思うのですが、スイムベイトならではのトルクのあるアクションは、魚を引き付けるパワーがあります。 また、フックが外に付いているのでフッキング率の高さは、やはりシャッドテールワームとは違います。 小さいながらもパワーを持ったビビッドクルーズ115トーナメントモデルは、4月発売予定です。 そして最後に浮くシャッドテールのエアバッグシャッドに3.5インチサイズが追加されます。 3/0のオフセットフックでも浮くので、表層をスローに攻めれたり、浮かして喰わすことが出来ます。 また、水中で水平姿勢を保ってくれるのでヘビーダウンショットにもオススメです。 こちらも4月発売予定なので、注文よろしくお願いします。

売り出し準備

明日から売り出しなので、今日は売り出し準備。 今回もフィッシュアローブースでは、バスにソルトにと売れ筋商品がいっぱいです。 売れ筋商品がいっぱい過ぎるので、今回はタチウオ商材を紹介します。 まずは、今回一番の注目商品でもある船タチウオの「ジギングテンヤ」です。 ジギングテンヤは、ジギングタックルで出来るワームを使ったテンヤ釣りになります。 ジグに反応が悪い時やデカイタチウオを釣りたい時に活躍するタチウオゲームの新スタイルになります。 アタリがダイレクトに出るのでジギングの方も絶対にハマる釣りだと言えます。 今回は、ジギングテンヤ(シルバー・グロー)とフラッシュ Jスプリット5インチ&7インチが入ったスターターキットの注文取りになります。(定価1200円 税別) また、エサテンヤの方には、生エサより丈夫なフラッシュ Jスプリット7インチがベストマッチします。 イワシの匂いがダメな方やエサばかり喰われる時に使って頂きたいと思います。 次に昨年、陸っぱりタチウオで革命を起こした「ルミノーバシリーズ」にブルールミノーバが追加されます。 淡く光るブルールミノーバは、昨年発売を見送った今年のかくし球でもあります。 圧倒的なブルーの明るさでタチウオがもっと釣れるようになると思います。 今年のタチウオコーナーは、フラッシュ Jルミノーバシーズンで決まりです。 また、フラッシュ J専用 ワインドヘッドのフラッシュ ヘッドも10g、21g、28gが追加されます。(14g、18gもあります。) これでどんな状況にも対応するワインドジグヘッドになると思います。 また、フック革命とも言えるのが、フラッシュ J専用 交換フックのワインド タチフックです。 アシストフックが要らないうえに真っ直ぐセッティングが簡単だったり、フラッシュ Jの持ちが良かったりと良いことづくめの交換フックになります。 これも画期的なフックなので、売れ筋商材間違いなしだと思います。 タチウオと言えば、フィッシュアローと言ってもらえるように頑張りたいと思います。 編集

そろそろ野池も春!

甲斐くんは、エアバッグシャッド4.5″で、栗真くんは、ジグ+フラッシュ Jシャッド4.5″でグッドサイズを! 本格的に野池も春って感じです!

1 / 12212345...102030...最後 »