フィッシュアロー公式ブログ

アジング開幕!

遂に大阪湾も東京湾もアジングが開幕したみたいです!

しかし、シーズン初期と言うこともあり、豆アジが多く、かなり苦戦することが多いようですが、サビキとワームのハイブリッドの「フラッシャーワーム 1”」と「フラッシュ J 1.5”スリム SW」が好調のようです!fa20150914

テスターの方々もこの2つのワームは、本当にヤバイと口を揃える“激釣れワーム”です!

o0800028813417683637
フラッシャーワーム 1”は、サビキで使われている“フラッシャー+ティンセル”と
ソフトマテリアルのワームが合体した今までになかった究極のワームです!
アミなどの小さなベイトを喰っている時や豆アジを釣る時に特に差がつく最終兵器だと思っています!

12009613_869078033168435_957995272144212447_n

基本的にアジングワームは、マテリアルが柔らかかったり、細かったり、折れ曲がりやすいようにクビレがあったりとフッキング率を上げるように考えられています!

それらは、アミなどの小さなベイトを喰う時のアジの吸い込みが弱いためでもあります!
その点から考えてもフラッシャー部分は、細い繊維の集まりなので、ワームよりも口の中に入りやすいと言ったメリットがあります!

o0750101413417304028
また、水に溶け込むような艶かしい輝きと柔らかいアクションは、ワームでは出ないアクションだと言えます!
(フラッシャー部分は、ケイムラでもあるので、魚にアピールします!)

DSC_0717DSC_0721

ちなみにイワシもよく釣れます。

o0800029213417683638

また、フラッシュ J 1.5”スリム SWは、ベイトフィッシュを喰っている時のアジの最終兵器だと言えます!
フラッシュ J  1”SWでベイトフィッシュを喰っているアジは、細く柔らかいワームでなくてもしっかりと喰ってくることが証明されたと思います!

o0716096813416827471 IMG_2047_hp
ベイトフィッシュを喰うアジは、本気で喰わないとベイトフィッシュに逃げられて喰うことが出来ないのでフラッシュ J 1”SWのような硬いワームでもしっかりと喰うのだと思います!
(フラッシュ Jのアタリが激しいのは喰った瞬間に反転しているアジが多いからだと思います!)

もう少し細ければもっと釣れるだろう、また豆アジも釣りたいと言うアジガーの要望に工場が答えてくれた究極のリアルワームでもあります!


この細いボディにアルミホイルを内蔵し、小さなリアルアイを1つ1つ手作業で貼り付けてくれていることを思えば、600円は高くないと思います!
(針持ちが良いのもフラッシュ Jシリーズの特長です。)

また、豆アジ対応としてアルミホイルにも秘密があり、フラッシュ J 1”SWよりも柔らかく折れ曲がりやすくなっています!

間違いなく、「アジング革命!!」だと言える自信作のワームなので、楽しみにしていて下さい!

 どちらも発売は、来月を予定しています。