SALT FIELD REPORT

SALT FIELD REPORT > 幸田樹典氏 > ハドルミノーハード65での磯メバル&アジング釣果

ハドルミノーハード65での磯メバル&アジング釣果

フィッシュアロー ソルトテスターの幸田樹典です。

今回の釣行はハドルミノーハード65での磯メバル&アジング釣果です。

DSCF5938

今年の南紀方面での産卵前のデカメバルが少し不調でしたがここ最近アフターメバルの荒食いが始まってきました。

釣行当日も磯際には4~5㎝程度の小魚が結構泳いでいてそれを捕食する回復メバルがボイルしているのが多々ありました。

DSCF5893

表層メインを意識しているのでハドルミノーハードのキビナゴカラーをセットし投げると答えはすぐにかえってきました。釣り方は基本磯際に投げてスローリトリーブするだけ。

このハドルテールが動いているかいないかの絶妙具合が弱った魚を演出しバイトしてくるのだと思います。

南紀方面では常夜灯がなくほぼ真っ暗闇のなかで釣りするのが基本なのでクリア系よりホロ系の方が目立ってアピールしてくれてるのだと思います。

DSCF5940

この日は尺前後を筆頭に短時間で3本キャッチすることができました。まだまだシーズンは始まったばかりなのでこれからが楽しみです。

で続いては最近プラグで釣るアジングにハマっています。

DSCF6012

ワームは当然釣れますがプラグでは活性の高い時やベイトを捕食している時に結構有効です。

釣行当日もポイントに到着して海を見ているとライズが多々。

DSCF6016DSCF6004

ここは常夜灯回りで3~4センチ程度の小魚を捕食してたのでハドルミノーハード65の新色のクリア系をセットしライズ後その周辺にキャストし着水後スローに巻いたり、ストップ&ゴーの繰り返しで良型のアジが連発で当日の平均サイズは25~28センチといいサイズのアジが連発して釣れました。

DSCF6026

当然ワームと比べて釣果は落ちますがハードプラグで狙って釣るアジングも夢中になって楽しいですよ。

メバルにアジにとホント活躍してくれるハドルミノーハード65を一度試してみて下さい。

 


タックルデータ

ロッド ジャムオーバー610(ジャクソン)
リール ストラディック 2000HGS (シマノ)
ライン G-soul PE 0.4号 (YGKよつあみ)
リーダー GesoX 1.2号 (YGKよつあみ)
ルアー ハドルミノーハード65 SW ( Fish Arrow)

関連商品