SALT FIELD REPORT

SALT FIELD REPORT > 2018 > 6月

2018年6月

東京湾「ジギングテンヤ」使用可能船宿一覧

東京湾「ジギングテンヤ」使用可能な船宿さん一覧表です。
(ご使用の際は、船長に一言お声掛けお願い致します。)

fa_kantou_funayado

船宿ホームページ
太田屋  ●蒲谷丸  ●鴨下丸  ●三喜丸  ●渡辺釣船店  ●つり幸  ●さわ浦丸  
深川吉野屋  ●こなや丸 


※ 敬称略 
※ 記載以外の乗合船での使用については、お手数ですが直接ご確認ください。


関連商品

2018年6月

ザ ストロングパワーベイトVol 133
「フラッシング鯛ラバ in 御前崎 編」

今回のザ ストロングパワーベイトは、静岡県の御前崎の華丸さんで、タイラバ初挑戦のオフィスユーカリの戸塚明子(アッコ)ちゃんを迎えてタイラバをして来ました。

DSC_6365

今回使ったタイラバは、クロスツーさんと華丸の植田船長コラボの無波動タイラバ“匠”。ヘッドがぶれずに真っすぐにくるので、波動が小さくスレた鯛によく効くタイラバだと言うことでした。またフックも小針の3段針で、喰ってきた鯛を確実に掛ける使用になっています。

また今回使用したラインは、オードラゴンと言う比重1.4の水なじみの良いシンキングPEライン。待望の200m、5カラードタイプが出て、タイラバにも評判の良いラインになります。

フラッシュJカーリー2″SWのカブラグリーンを付けた私に1投目から真鯛がヒット。

DSC_6339

昨日までかなり厳しい釣果だと聞いてのスタートだったので、びっくりでした。

写真を撮り終え、再スタート。すると再び、私に真鯛がヒット。
2連チャンで、私のお仕事は終了。

DSC_6335

あとは、タイラバ初挑戦のアッコちゃんに真鯛を釣ってもらい、タイラバの面白さを動画で伝えてもらうのみ。しかし、釣れるのは、レンコダイにチダイにガシラにアヤメにと外道ばかり。

諦めずに淡々と落として、巻いてを繰り返しているアッコちゃんに待望の真鯛がヒット。

やはり、先ほどまでの外道とは違う強烈な引きにビックリしている様子。真鯛が上がった時の興奮は、初挑戦ならではの感動ものなので、是非動画をチェックしてもらいたいと思います。

どんな釣りでも初めてのターゲットの釣りは、ワクワクと感動が忘れられないものになると思います。

タイラバは、落として巻くだけの簡単な釣りなので、初心者でも簡単に始められる釣りだと思います。

DSC_6324

今回、アッコちゃんも真鯛を2匹釣ることが出来、タイラバの魅力を体感できたようで、こちらまで嬉しくなりました。

初心者や女性でも出来るタイラバは、簡単な釣りではありますが、上級者になっても飽きることのない奥深い釣りでもあるので、タイラバをしたことのない方は、是非チャレンジしてみて欲しいと思います。

今回のザ ストロングパワーベイトVol.133は6月14日(第二木曜日)配信予定です
お楽しみに!


タックルデータ

タイラバ:タックル

ロッド 紅牙 AGSN69MHB-METAL(ダイワ)
リール ライトゲーム 150H(ダイワ)
ライン オードラゴン 5カラード 0.8号(YGKよつあみ)
ルアー 匠 120g(クロスツー)
フラッシュJ カーリー 2″ SW(フィッシュアロー)

 

関連商品

2018年6月

NEWリグ「フリキャロ」絶好調!横浜デイアジング便

テスターの澤村氏よりテストレポートが届きました!

6/1金曜日。シーバスガイドSTRIKER水谷CAP・早川CAPを乗せてNEWリグ【フリキャロ】の実釣に行ってきました。

フリキャロというのはフリリグのキャロライナ版。
FishArrowの新しいリグです。

o3926253714202732546

ナス型シンカーのアイにラインを通す事による魚に違和感を与えにくいリグ。形はキャロと同じだがキャロシンカーに比べると糸の接地面積が少ないのでフリキャロのほうが感度が良く、同じウェイトでもナス型シンカーのほうが沈下スピードが断然早い。

o4032302414202732500

両キャプテンにフリリグシンカー各ウェイトとそれに合うフラッシャーワーム等を進呈しフリキャロを簡単に説明。
あとは各々で使いやすいようにNewリグをアレンジして行きましょう!
って感じで出航15時。

o2772382114202745813

o3931277914202732504

ガイド船キャプテンが操船から解放されて釣りに専念出来る時の〝釣れっぷり〟はそりゃもう凄いもんですよ。サクサク釣ってました。

o3931281314202732521

o3864231014202732541

私はMaria ゼロヘッド ドリフトを使用してボトムでノーシンカーっぽくフワフワと演出。メインラインにほぼ直結状態なのでアタリは明確にコンッ!と入る。
シンカーの重さがアジに伝わるとすぐに吐き出してしまうのでそういう意味でもフリキャロは有効なリグ。

o3711274014202732515

フリキャロ、連発。

早川CAPはアクションを入れて誘発、水谷CAPはボトムを取ってからタダ巻き。
色々な攻め方が出来るのもフリキャロの面白いところ。
ちなみ両キャプテンはアジングガイドの時もキャロを多用してます。


1つのリグでボトムから表層まで効率良く攻められるし何よりも手返しが良いのがキャロの大きな特徴。
ガイド船船長さんなので操船ありき、1投1投に時間が掛かるリグはNGなんです。なのでキャロを多用してるという事なんです。



フリキャロの要領が分かってきてからはアタリ連発に拍車が掛かり表層でバイトが連発するパターンまで見えてきた。
水面下1mでアタリが連発。
デイアジングで表層ゲームが出来る程、横浜エリアは今熱いです。

o2946353814202732512

o3861219214202732496

早川CAPはシンカーストッパーを上下に入れてキャロのエダスの長さを自在に調整出来るシステムを編み出して連発してました。さすが!

o3633276314202732507

私はシンカーを7gから3.5gまで軽くし表層を攻めたりゆっくりテンションフォールをしたりと上のレンジを攻めて攻略。

o0620030014202776830

フリリグシンカー タングステンはバリエーションがとても豊富なので色々な攻略が出来ます。タングステンなので小さいしアイが回転するのでとても有能なシンカーです。

o3942275414202732532

しかしまぁ相変わらず横浜デイアジングは絶好調で3時間で充分楽しめた。
本当は夜もやるつもりだったけど怪しい雲もかかってきたので18時帰港。

デイアジングだと晩飯に間に合うんです。

o1477110814202767757

早川家の晩飯にはさっき釣れた新鮮なアジが並んだようです。

フリキャロ、アジングでも有効なリグだと思います。ジグ単からバチコン・フリキャロまで好きな攻め方で絶好調な横浜デイアジングをしてみませんか。

STRIKERさんならデイアジングからナイトアジングまで楽しいアジングをご案内してくれますよ〜 そんな金曜日でした。


タックルデータ

ロッド プロトロッドUL(LEGIT DESIGN)
リール 16ヴァンキッシュ C2000HGS(シマノ)
NO LIMITS 10SL2500RA/S(STUDIO OceanMark)
ライン CHERUM AMBERCORD SG S-PET 失透グリーン(YGK よつあみ)
リーダー CHERUM AMBERCORD SG アブソーバー ウルトラストロング FCリーダー 0.6号(YGK よつあみ)
ワーム フラッシャーワーム 1″ SW( Fish Arrow)
フリリグシンカー タングステン 7g( Fish Arrow)
ゼロヘッド ドリフト( Maria)

関連商品

2018年6月

ルアーニュースTV動画ロケレポート
松本猛司&さゆりん「フラッシング鯛ラバ」で
大ダイ連発 in 舞鶴沖

5月17日、ルアーニュースTV動画のロケのため、舞鶴のトップスジャパンさんにルアルアチャンネルでおなじみの河原さゆりちゃんとディープタイラバに行ってきました。

河原さゆりちゃんは、タイラバ歴10回のベテランにも関わらず、真鯛を釣ったことがないとの事だったので、河原さゆりちゃんに初真鯛を釣ってもらう企画で頑張ってきました。

船長が言うには、前日は、かなり厳しかったと言うことで、最初から今年ブレイク中の中井チューン+フラッシュJカーリー2″SWの組み合わせからスタート。

IMG_3055

やはり前日同様に厳しい状況でした。

午前中、潮が動かない状況に苦戦しましたが、昼前に潮が動いた短い時合をとらえ、河原さゆりちゃんが人生初の真鯛をキャッチ。

P5170382

写真などを取り終え、再スタートすると再び河原さゆりちゃんのタイラバにヒット。

同じタイミングで私にもドラグが出る大物がヒット。

先に河原さゆりちゃんが2匹目の真鯛を上げ、河原さゆりちゃんに釣ってもらうと言う企画は大成功。

私が大鯛を釣って・・・と思っていると上がってきたのは70cmのメジロ。

IMG_3054

短い時合が終わり、昼を過ぎて私だけが真鯛を釣っていないと言う状況に。
良く釣っている方をみているとタイラバがボトムについても巻かずに、ラインの角度が付くまでラインテンションを掛けながら放置していました。

この日は、潮が動いていなかったこともあり、その方は着底後4〜5分我慢してから巻き始める感じでした。
私もその方を見習ってライン角度が付くまで我慢してからスタート。

すると、ドラグが出る大物がヒット。
上がってきたのは、自己記録となる81cmの大鯛。

IMG_3045

なかなか釣れないハチマルの大鯛が出たことで、締めのコメント撮り。
エンディング終了後、釣りを再開すると河原さゆりちゃんのタイラバにずっしりとしたアタリが。

ファイトこそ地味でしたが、中々上がってこない大物とのやり取りに、みんなで何の魚だろうとワイワイと喋っていると、上がってきたのは、私も初めて見る座布団サイズのヒラメ。

IMG_3041

さっきまでの私の81cmの大鯛が霞む座布団ヒラメに船上は大盛り上がり。

実寸76cmのヒラメは、迫力満点でした。

P5170394

河原さゆりちゃんの座布団ヒラメで動画撮影は終了。
今回の模様は、ルアーニュースTV動画にてご覧頂くことが出来ます。


タックルデータ

ディープタイラバ タックル

ロッド 紅牙 AGSN69MHB-METAL(ダイワ)
リール リョウガ BJ C2025PE-SH(ダイワ)
ライン スーパージグマン X8 0.8号 600m(YGKよつあみ)
タイラバヘッド レッドスナイパー 160〜240g(トップスジャパン)
ルミノーバ スカート(フィッシュアロー)
トレーラー リングフラッシャー 2″ SW (フィッシュアロー)
フラッシュJ カーリー 2″ SW (フィッシュアロー)

関連商品